NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
スタッフによるリレーエッセイ ~14人目~

スタッフによるリレーエッセイ ~14人目~

スタッフ14人目のリレーエッセイです。

======================

リレーエッセイ
小5長女、小1双子(長男、次男)、3歳三男、1歳次女の母
妊娠が判明して3回目の病院。「今日こそは心拍が確認できますように・・・」とドキドキしながら娘と一緒に診察室へ。エコーを見た先生の「ん?あれ?」という声が聞こえ、不安で泣いてしまいそうな私・・・。
先生:「確か、以前に双子ちゃん妊娠していたよね?」
私:「えっ?あっ、はい。」
先生:「今回も双子だよ。」
私:「えっ?」
先生:「凄い、僕初めてだよ、自然妊娠で2回も双子を妊娠した人を診察するの!」
看護師さん:「えー、スゴイ!」
私は、娘の前に双子を授かったのですが、二人ともお空へ帰っていきました。それから4年。再び双子を妊娠していることを知り、嬉しさ、喜び、不安、戸惑いで心がいっぱいになり、周りが祝福してくれる中、とても混乱した複雑な気持ちになったことを覚えています。

産後は、寝不足の毎日が長いトンネルの中にいるようで、いつこのトンネルから出られるのか、指折り数えた時期もありました。双子を同時授乳している時に「抱っこして」と来た長女を抱っこしてあげられず、私の足にしがみつき泣き疲れて眠る姿を見て「ごめんね」と私も泣きながら過ごしたこともあります。

そんな長女も11歳になり双子も7歳に。そして3歳の三男、1歳の次女が増えました。
最近、長女がこんなことを言ってきました。
長女:「私も双子に生まれたかったなー。」
私:「えっ?なんで?」
長女:「だって、長男・次男みたいにいつでも同級生の友達がいるから楽しいでしょ!」
私:「そうだねー、楽しそうね(いや、ここまでくるのが大変だったんだよ・・・)。」

今年はなかなか外出ができないため、よく家の中でかくれんぼする子供たち。5人の笑い声でいっぱいになりとても幸せな気持ちになるのですが・・・本気でかくれんぼするので、家の中がとんでもないことになり、疲労感が半端ない私です(笑)。

写真は、生後4カ月のシンクロショットです。

※記事は個別で掲載しますが、当団体ホームページのトップページにリンクを設けます。

« »