NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
スタッフによるリレーエッセイ ~8人目~

スタッフによるリレーエッセイ ~8人目~

スタッフ8人目のリレーエッセイです。

双子によっても様々ですが、「・・・だけど、僕がお兄ちゃん!」の意識はやっぱりあるんですね~。
胎内記憶・・・お子さんから話を聞かれたこと(言われたこと)ありますか??

======================

リレーエッセイ
小学3年生の2卵性男子(長男、次男)双子の母
コロナ渦で、今年度中の学校行事は全てなしになりました。うちのボーイズが大活躍するであろう運動会まで・・・残念。

うちのボーイズは、全く似ておらず、体の大きさまで違い、出先では、年子に間違われます。しかも、次男の方が大きいので、上の子と間違われ、
「小さいけど僕がお兄ちゃんだよ!!」といつも長男が訂正しています。帝王切開なので、1分しか違わないし、うちでは、兄、弟と呼んでもいませんが、ボーイズは意識はしているようです。
幼稚園入園する前に、次男には胎内記憶があったのか、ふっと私に
「僕はママのお腹にめっちゃ走って来たんだよ。僕が着いた時には、もう〇君はおったよ」
と話をしてくれた事があります。運動神経抜群の次男らしいですが、本当なのかもしれません(笑)

人見知りもなく、お出かけすれば、全く知らない人達と歓談しているボーイズですが(母は心配・・・)
最近は、あー言えばこー言う、キカンボウですが、まだまだ甘えん坊で、ママ、パパ言うのが可愛いくて仕方がないです。
あと何年。いつまで、ママとお出かけしてくれるか考えると寂しくなっちゃいますね。

※記事は個別で掲載しますが、当団体ホームページのトップページにリンクを設けます。

« »