NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
活動報告

プレパパママ教室(中濃会場、前期)を開催しました

9月2日、可児市福祉センターにて、前期最後のプレパパママ教室(中濃会場)を開催しま​した。

12組の妊婦家族さんが集まってくださり、満員御礼で、予約して​いた会場の椅子や机だけでは足りず、急遽、スタッフが借りに走る​ほどでした。

 

今回もまた、妊婦さんの人数よりパパさんの人数の方が上回りまし​た。やはり、多胎妊婦教室あるあるです。

 

長良医療センターと県立多治見病院の助産師さんからの多胎の妊娠​、出産についての講義のあと、パパグループ2つ、ママグループ2​つ、祖父母グループと5つのグループに分かれて交流会をしました​。

不安や疑問を先輩パパママや助産さんに聞いてスッキリしたり、参​加者さん同士で気持ちの共有をしたり、と、どのグループも盛り上​がっていました。

参加者さんからのアンケートからは
「不安に思っていたことを直接話せて本当によかった」
「いつでも相談できるところがわかってよかった」
「思っていた以上に聞きたいことが聞けました」
「調べれば調べるほど不安になっていたのが、少し解消された」
「ピアサポートを利用したい」
「同じ週数くらいの人と友達になれてよかった」
などの声が聞かれました。

みなさんのご無事の出産をお祈りしています!
また、会いましょうね♪

 

<別室の子どもたちの様子>

『Gツインズ夏祭り』のサポートをしました(7月29日)

7月29日、長森コミュニティーセンターで行われた『Gツインズ夏祭り』のサポートをしました。

台風で開催が心配されましたが当日は暑い暑い!夏祭り日和!
25組60名以上のご家族が参加され、広いホールにはGツインズのみなさんが企画・準備された「まとあて」「金魚すくい」「わなげ」「ひもくじ」などのゲームコーナー、「おめん」「キーホルダー」などの工作、「お昼寝アート」「お祭り引き車」「記念撮影コーナー」と盛りだくさん。賑やかな夏祭りでした。

 

 

園児から高校生まで9名の子どもスタッフが、会場内で赤ちゃんのお世話をしたり、受付や各コーナーで遊びのお手伝いをしたりと大活躍でした。

 

自由研究のテーマが「双子」というお姉ちゃん、アンケート調査も沢山集まりました!

いよいよ夏本番。今年の夏は本当に暑いです。みなさんお体大切に、楽しい夏をお過ごしください!

7月8日 プレパパママ教室(西濃会場)が行われました

7月8日日曜日、大垣市南部子育て支援センターにて、多胎プレパパママ教室が開催されました。

前日までの豪雨で開催が危ぶまれましたが、当日は快晴。無事8組のファミリーと西濃保健所の保健師さんも参加してくださって、西濃地域での多胎プレパパママ教室が賑やかに開催されました。

開始前に妊婦ジャケットを着てみて「これが27~28周ぐらいの奥さんのお腹です」とスタッフから説明されると、パパたちは「ここからまだ大きくなるの?」とびっくり。妊婦ジャケットを付けたまま座ったり寝転んだりしてみて「これはキツイわ~。」とママの体を案じていました。

最初の自己紹介では、皆さん、「何も分からなくて不安。今日はしっかり勉強していきたい」と口々におっしゃっていました。
講義の初めは吉良光代先生の「多胎の妊娠出産の基礎知識」。胎児人形を使って多胎はなぜ単胎よりリスクが高いのか、膜性によるリスクの違いを説明されると、みなさん熱心にメモを取りながら頷いていました。中でも「双子は40週でなく35~36週で出産となる」という説明には、みなさん驚かれ、カレンダーを見ながらご自身の双子の出産予定日を家族で確認し直していました。
続く大垣市民病院の服部師長さんからはNICUの説明や双子の赤ちゃんの出産後の赤ちゃんの様子の説明がありました。双子のママでもある服部師長さんの「リスクは高いが、子どもの育つ力はすごい!お父さんとお母さんが諦めないで愛情をかければ、子どもは伸びる!」という体験を基にした熱いメッセージに涙ぐむ参加者さんの姿も見られました。

最後にママグループ、パパグループに別れての先輩パパママとの交流会では、母体の変化や産後の体調、チャイルドシートやベビーカーの使い勝手など、具体的な質疑応答や体験談に「双子育てのイメージが湧いた」参加者の方々。

家族で相談しながら楽しそうにリサイクル品を選んで帰られました。

不安はたくさんあると思いますが、あの場に集まったみんなが皆さんのご無事の出産をお祈りしています!

7月12日 にこにこ育児教室・東濃会場 3回目を行いました

7月12日、今回のにこにこ育児教室も、前回に続き、多治見市立南姫中学校3年生のみなさんに「保育体験」をしてもらいました。その間、ママたちは、宝石石鹸作りの講座を受講。


今日も最初は、お母さんと離れるときに泣いてしまう子が続出でしたが、少しずつ、みんな落ち着いていきました。

初めはぎこちなくちびっこを抱っこしていた生徒さんたちも、だんだん慣れてきて、暑い中、上手に抱っこしてくれていました。

中学生の生徒さんに少し感想を聞くと、最初は緊張したけれど、少しコツがわかってきました!という頼もしい感想も!

少し大きなちびっこは、お兄ちゃん・お姉ちゃんたちと一緒に、ボールやおもちゃでダイナミックに遊んでいました。

中学生が託児している間に、ママさんたちには、ふたご先輩ママの酒向さんによる「宝石石鹸と虫除けアロマスプレーつくり」を体験してもらいました♪

たくさんの精油の香りに癒されながら、キラキラの石鹸や虫除けスプレーが出来上がり、とても贅沢な時間となりました。

途中、託児会場を覗いたスタッフから「誰も泣いてないですよ」と報告を受けると、みなさんホッとした表情で作業を進めてみえました。

講座が終わって迎えにみえたママさん方、体育館に入る前に入り口からこっそり観察していましたが、みんな楽しそうに遊んでいるのを見て、安心されたようでした。

6月29日 にこにこ育児教室・西濃会場 4回目を行いました

沖縄と関東では、梅雨が明けたのに、東海地方は蒸し暑く、天候も不安定な空模様のためか、参加6組と少​なめの4回目西濃会場育児教室でした。
今期は4回参加出来ました!さんから、今日​だけ参加出来ました!さんまで、みなさん様々。
双子ちゃん3つ子​ちゃんとのお出かけが大変なことを知っている私達、皆さんの頑張​りが毎回本当に嬉しいです。
今回は人数が少なかったので、はじめと終わりに皆さんにマイクを​回しました。

自分の思いを話し、他の多胎ママの話が聞ける、育児​教室の良さを実感してもらえたら嬉しいです。

また次回、ひとまわり大きくなった双子ちゃん3つ子ちゃんと、多​胎ママとして成長された皆さんに会えるのを楽しみにしています!​

6月29日 にこにこ育児教室・東濃会場 2回目が行われました

今回のにこにこ子育て教室は、多治見市まちづくり活動補助金を使​い、多治見市立南姫中学校の3年生のみなさんに「保育体験」をし​てもらいました。

中学生がふたごちゃんたちをマンツーマンで託児をしている間、マ​マたちは講師に中村郁子先生を迎え、ヨガを楽しみました♪

最初は、お母さんと離れてギャン泣きの子が続出でしたが、生徒さ​んたちが慣れないながらもとにかく一生懸命にちびっこに向き合っ​てくれているうちに、泣き止み、笑顔もたくさん見られました。





普段私たちスタッフが託児をするよりも泣いている時間はずっと短​いくらいでした(^-^)​v​
なかには、ずっとお母さんが忘れられないちびっこもいましたが、​本当に辛抱強く関わってくれるので、泣きながらも中学生のお兄ち​ゃんの手をギュッと握っていて、信頼関係がちゃんとできていまし​た。

講座を終えたママさんたちはスッキリした表情で戻ってみえました​。
子どもたちが、中学生と楽しく遊んでいたり、大事に抱っこされて​いるのを見て、安心されたようです。


来週のにこにこ子育て教室も保育体験バージョンです!
ママたちは素敵な宝石石鹸と虫除けアロマスプレーを作りますよ♪​

6月24日 プレパパママ教室(東濃会場)が行われました

6月24日、多治見市保健センターにて「ふたごちゃん・みつごちゃんプレパパ​ママ教室」を開催しました♪
会場はいっぱいの参加者さんで埋まりました。「こんなにふたごを​産む人いるんですね」という声も聞こえてきました。

入院中のママの代わりにパパさんやおじいちゃんおばあちゃんが参​加される家族も何組かいらっしゃるのは、多胎ならでは。

ふたごの妊娠は一人の赤ちゃんがいるのと何が違うのか?お腹の中​で何が起こってるのか?入院や出産はどうなるのか?等をふたごの​出産を多く扱う、長良医療センターと県立多治見病院の助産師さん​からお話をうかがいました。

休憩時間もパパが多胎の妊婦体験をしたり、先輩たちからのリサイ​クル品を物色したりとワイワイ楽しそうな雰囲気でした♪

後半のパパとママに分かれての交流会では、先輩パパママの体験談​を聞きながら具体的な話がどんどん飛び出していました。

最後に先輩からプレパパママさんたちへ、「今日は1日どうだった​?ありがとう」「行ってきます!今日もお願いね」など何気ない一​言がお互いの励みになること、大変な時期はあっという間で今は子​どもたちの成長が楽しくてしかたないので、みなさんもきっと大丈​夫!といったエールが贈られました。

託児もあって上の子の心配もありません。子どもたちは別室でスタッフが見守る中、おもちゃで遊びます。

教室を見学にいらした愛知県立大学の学生さんが「妊娠中から不安​や驚きや嬉しさなど、色々な思いをいくつも持ってみえることに驚​きました」と感想を言われていました。
スタッフ一同、参加された方が、そういったごちゃごちゃの気持ち​を少しでもスッキリして、安心して出産に向かえるといいなぁと思​っています!

次の会場は大垣市南部子育て支援センター(7月8日開催)です!

6月22日 にこにこ育児教室・西濃会場 3回目を行いました

6月22日、梅雨の中休み、晴天の3回目西濃にこにこ子育て教室。今日は和室​での開催で12組の双子ちゃん・お兄ちゃん・ママが遊びに来てく​れました。



お名前・手遊び・親子遊び・パラバルーン。


いつもの遊びの後はス​タッフの自己紹介。
多胎ネットのスタッフ達はみんな多胎児のママ​。
「双子の上のお兄ちゃんのこと」「二人の個性を比べてしまうこ​と」「ごはんのこと」「仕事のこと」ママたちは熱心に耳をかたむ​けてくださいました。


その後のグループトークも、ランチタイムも沢山お喋りが続きます​。

次回は最終回。お喋りに来てくださいね。

「美濃加茂・ツインクル」におじゃましました(6月19日)

6月19日(火)、美濃加茂市の多胎サークル「ツインクル」を訪​問しました。

ツインクルは、毎月第3火曜日10時から美濃加茂市生涯学習セン​ター3階和室で集まって、おしゃべりをしたり、リサイクル会や季​節のお楽しみなど行なっています。
この日は双子家族4組が集まりました。
リサイクル会の日だったので、着られなくなったおそろいの服を持​ち寄っていました。
子ども達は和室いっぱいにおもちゃを広げて自由に遊び、途中ちょ​っと早いお昼ご飯(お弁当やおにぎり)をお部屋で食べました。

ママたちは幼稚園のこと、兄弟関係のことなど、たくさんおしゃべ​りしました。
今回は多胎ネットスタッフもいたので、小学生~中学生のふたごの​話もできました。
ツインクルはほっこり・のんびりしたサークルで、参加しやすい雰​囲気です。

美濃加茂市近辺にお住まいの方、ぜひ一度遊びに来てくださいね♪
(詳しくは、ぎふ多胎ネットまでお問合せください)

ピアサポーターフォローアップ講座を行いました(6月20日・多治見会場)

6月20日、多治見市福祉センターにてピアサポーターフォローア​ップ講座を行いました。

初めに、サポート活動の基本となる「傾聴訓練」を行いました。2​人1組になり、様々なお題について聴いたり話したり、制限時間過​ぎても話しは終わりません。普段は傾聴が多いスタッフにとって、​自分が話を聴いてもらえるという嬉しさもあったのではないでしょ​うか。この訓練によりサポーターの傾聴技術もスキルアップした事​でしょう。

次に双子育児について困ったこと、普段の活動で良く質問される事​等を出しあい、各グループに分かれそれぞれのテーマについて解決​法を探るべく経験談等話し合いました。
どのような冊子が出来上がるのか楽しみです。