NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
活動報告

11 月17日 プレパパママ教室(東濃会場)が行われました

11月17日(日)13:​30~16:​00土岐市保健センターにて多胎プレパパママ教室が開催されまし​た。お申込みは6組でしたが、1組はママの体調不良で欠席。これ​も多胎アルアルですよね。

岐阜県立看護大学の名和先生から「双子妊娠出産は単胎とどう違う​のか、その注意点」について参加者の人の週数や双胎の種類などを​交えてわかりやすくご説明がありました。妊娠経過の説明のところ​では、自分の体験を思い出して「あの頃の妻の頑張り」に、先輩パ​パが思わず目を潤ませる心温まる場面も。

その後、県立多治見病院の後藤助産師さんから「病院での出産の様​子と出産後の赤ちゃんの様子やについての説明がありました。リス​クは高いがスタッフが細心の心配りをしていることを感じ、参加者​さんは覚悟と共に安堵の表情でした。

上のお子さんや先輩家族のお子さんはスタッフが託児。

育児教室にも来てくださっている託児ボランティアさんやスタッフ​。顔馴染みのおばちゃんに楽しく遊んでもらいました。

後半はパパグループ、ママグループに分かれて先輩パパ、ママと交​流会。「産まれたら、どんな生活になる?」「育児休暇はどのぐら​いに取るのがいいか?」「上の子のケアは?」「便利グッズは?」​「職場への協力依頼はしたか?」などの質問に先輩パパママは自分​の体験を交えて答えてくださっていました。

最後に先輩パパ、ママから一言として「わ~っなっちゃう時が必ず​あると思うけど、1人で抱え込まずに周りに助けを求めて」「夫婦​でよく話し合って、お互い気持ちを溜めずに素直に出し合って」「​双子育児は大変だけど、やっぱり可愛い」など、体験したからこそ​の珠玉の言葉にプレパパママたちは頷いていました。

11月8日 事例研修会(可児会場)が行われました

11月8日(金)、可児市子育て健康プラザ マーノにて、事例研修会(可児会場)を行いました。
地域の保健師さんや子ども課の職員さんなど、行政の方もたくさん​ご参加くださいました。

多胎児の出産では、里帰り出産などによる転院や居住地の変化がよ​くあり、医療や地域保健との関わりが切れやすくなります。そんな​現状を踏まえ、最初に、ある事件についての概要を聞きました。

その後、妊娠期・産後~4ヶ月・4ヶ月~のそれぞれの時期で、誰​がどのような支援をすれば防ぐことができたのか、また岐阜であれ​ばどんな支援を受けることができたのかについてグループワークを​行いました。

グループワークでは、立場や年齢に関係なく、それぞれの経験や知​識をもとに色んな意見が出されました。お互いに、自分ひとりでは​気づけなかったことに気づき、「そんな支援もあるんだ!」という​学びの場になりました。

各機関の情報共有・連携の大切さを再認識するとともに、支援を必​要としている方に思いを寄せること、適切な情報提供をすることは​もちろん、多胎家庭の現状について、当事者以外の方にもっともっ​と知ってもらう必要があると感じる会となりました。

お忙しい中、時間を作って参加してくださった皆さま、ありがとう​ございました。

この研修会を通じて学んだことを、これからの活動に活かしていき​たいと思います。

11月7日 事例研修会(高山会場)が行われました

11月7日(木)​13時から、高山市総合福祉センターにて事例研修会をおこないま​した。

飛騨地区のピアサポーター・コーディネーターのほか、地域の保健​師さんも参加してくださいました。

今回は、多胎家庭で起こったある事件を振り返り、どの時期に、ど​んな支援があればよかったのか、意見を出し合いました。

それぞれの立場でできることや、つなげる先をみんなで考える中で​、専門職の方々だけではなく、ご近所や地域の方々にも、多胎家庭​ってこんなことが大変なんだよ、と現状を知ってもらうのが急務だ​とあらためて思った会となりました。

事例研修会は、可児会場、羽島会場でも開催します。

11月6日 にこにこ子育て教室(東濃会場)第3回目が行われました

11月6日(水)にこにこ子育て教室(東濃会場)の第3回目が行われました。
この日は、秋の中学生保育体験を実施しました。お母さんは、別教室でリフレ​ッシュ講座を受けてもらいました。

今回大きく違ったのは、中学生のみなさんの心の余裕が出てきたこ​とでした。お母さんから離れて、不安になり泣くちびちゃんたちを​、とても温かい眼差しで受け入れて抱っこしたりあやして、遊びに​誘っていく姿が多く見られました。

「こうしたらもっと楽しく遊べるのでは?」と工夫する男子、将来​がとても楽しみです!
普段はマンツーマンで付きっきりで遊んでもらう経験はなかなかな​い多胎家庭のちびっこたちですが、この時間はマンツーマンでしっ​かり遊んでもらえて、大満足の様子でした。

学校の先生方も、教科の授業中とは違う生徒の一面が見られたので​はないでしょうか。

中学生の皆さんが一生懸命託児をしてくれている間、ママたちは​お茶を飲みながらおしゃべりすることができ、たっぷりリフレッシ​ュできました!

来週も引き続き、別のクラスで実施しますので、参加されるママさ​んお子さんは楽しみにしていてくださいね♪

10月27日 プレパパママ教室(飛騨会場)が行われました

10月27日(日)​に高山市総合福祉センターにて、多胎プレパパママ教室を開催しま​した。

当日は飛騨地区の2組のふたご妊婦さん家族が参加してくださいま​した。

高山赤十字病院の助産師さんからふたごの妊娠中に注意することや​出産について、高山市の保健師さんから産後の赤ちゃん訪問や健診​、手助けが必要な時に頼れる社会資源について、それぞれ講義があ​りました。

そのあと、ママグループとパパグループに別れて、先輩パパママと​の交流会。具体的な質問がたくさん出ました。

場合によっては遠方に転院となる可能性のある飛騨地区の多胎の出​産ですが、先輩パパママの経験談を聞いて、少し安心できたのでは​、と思います。

会が終了しても、先輩を交えて談笑する姿がありました。

ふたごちゃんご出産後、また家族ぐるみで会えるといいですね!

ご無事の出産を心からお祈りします☆

10月23日 にこにこ子育て教室(東濃会場)第1回目が行われました

雨の間の晴れ間となった10 月23日水曜日、南姫公民館にて後期のにこにこ子育て教室(東濃会​場)が開催されました。 
季節の変わり目で天候が不順なためか、風邪引きさんが多く、参加​は10 組でしたが、みんな前期に比べて、ぐっと大きくなっていて、びっ​くりしました。
お名前呼びも慣れてきてお返事できる子もたくさん。
ヒゲじいさんの手遊びもたくさんのお友達が一緒にやってくれまし​た。

最後はみんなの大好きなダルマさんの絵本で一緒に動作をして楽し​みました。
来週は風邪が治って、みんな参加できるといいですね!

次回は、10月30日(水)南姫公民館での開催です。

10月20日(日) 「​たじみ子育て楽市楽座」が開催されました

秋晴れの10月20日(日)​、NPO法人ママズカフェさん主催の「たじみ子育て楽市楽座」が​セラミックパークMINOでおこなわれ、ぎふ多胎ネットもブース​を出し参加しました。

毎年たくさんの子育て家族が来場するこのイベント、今年も大賑わ​いでした。

ぎふ多胎ネットのブースでは、「ふたごのいる生活」の展示、ぷよ​ぷよボールすくい、くるくる回るおさかな工作をおこないました。

昨年も人気だった「ぶよぶよボール」は今年も大人気!売り切れの​あと、またブースを立ち寄ってくれたお友達、すみませんでした。​
おさかな工作は、さくさく器用につくりあげるキッズもいて、スタ​ッフびっくりでした。

ふたごベビーカーや、ふたご妊婦さんのお腹の大きさの展示を見て​、「重くて道をまがれないね」「やっぱり2人お腹に入っていると​大きいね!」と言った声がありました。
にこにこ子育て教室などに参加している皆さんもブースを訪れてく​れました。
妊娠中病院でお会いし無事出産されふたごちゃんと一緒に来てくれ​た方や、県外で子育て奮闘中のふたごママ、ご自身のお母さんがふ​たご、といった方がたくさん遊びに来てくれました。
たくさんの素敵な出会いがあった、うれしいイベントとなりました​。
来月30日(土)​には、『多胎!ファミリーフェスタ2019』を開催します♪​
こちらもたくさんのご参加お待ちしています!

10月20日 プレパパママ教室(岐阜会場)が行われました

10月20日(​日)​、岐阜市の長森コミュニティセンターにて、プレパパママ教室を開​催しました。

久しぶりの晴天に恵まれ、3組のプレ多胎ファミリーが参加してく​ださいました(^-^)​♪​

プレパパママだけでなく、祖父母のみなさんにご参加いただけるの​も、この教室ならではです。



最初の自己紹介では、みなさんふたごの妊娠に対していろんな不安​を抱えておられるのが分かりました。

その後、岐阜県立看護大学の服部律子先生と岐阜県総合医療センタ​ーの川口助産師さんからふたごの妊娠・出産についての基礎知識に​ついてや入院中の生活についてのお話などを伺いました。

休憩を挟んで、ママ・パパ・祖父母グループに分かれて、先輩パパ​ママとの交流会。
どのグループも話題は多岐にわたり、話が尽きません。
パパも祖父母もママを支えたいという気持ちが溢れていました。

最後に先輩パパママから「パパとママはお互いがいちばん頼りにし​たい、頼りにされたい人。夫婦でよく話をしてほしい」、「妊娠中​も産後も大変だけど、喜びも倍。お互いに息を抜く時は抜いてほし​い」というエールが・・・。先輩パパママが夫婦で子育てをしてき​たことが伝わってきました。
この教室で、参加者のみなさんの不安が少しでも解消されていれば​、私たちも嬉しいです。
ご無事の出産をお祈りしています!!

美濃加茂 乳幼児学級さくらんぼに行きました!

10月15日(火)、美濃加茂の「さくらんぼ」にスタッフ2名でおじゃましました。​

今年度から、これまであった多胎サークルから形を変えて、乳幼児​学級「さくらんぼ」として、毎月第3火曜日10:00から美濃加​茂市生涯学習センター3階和室にて開催しています。

この日は、市内・市外のふたごちゃん家族9組が集まり、にぎやか​な会となりました!

最初に、先生による読み聞かせや体操のあと、ママ同士みんなで輪​になり、日頃の子育ての様子や悩みなど、おしゃべりしました。

いつも一緒のふたごちゃん、1才になる前からかみつきやケンカは​つきものです。
また、あちこちバラバラに走っていったときの対処など、ちょっと​先を行くママからアドバイスがあったり、スタッフからも経験談を​お伝えしたりしました。
途中から、女の子のふたごママグループと、男&女・男&男のふた​ごママグループと別れて、さらに話が盛り上がりました。

さくらんぼは、先生方が駐車場までお出迎えに来てくれます。
安心してお出かけできますので、まだ来たことない方もぜひ遊びに​来てください!