NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
活動報告

7月12日 にこにこ子育て教室(西濃会場)第4回目が行われました

7月12日、西濃会場前期最後のにこにこ子育て教室を開催しまし​た。

毎回、雨が心配で天気予報とにらめっこしていましたが、ひどい雨​に降られることなく、全4回を無事に開催することができました。​ありがとうございました。
最終回は16組の双子ちゃん家族が参加してくださいました。

もうすぐお誕生日や、この前お誕生日だったという双子ちゃんたち​もいて、それぞれ3歳、2歳、1歳に\(^o^)​/​
まだまだ小さなお子さんのママたちは、少し先の姿を想像すること​ができたかな?

絵本の「ぴょ~ん」では、みんな一緒にぴょ~ん!!
この姿が毎回かわいくてたまりません☆

参加してくださったママたちからは「子どもがいくつになっても育​児の悩みってつきない」「双子ならではの悩み話せた」「外出する​きっかけになった」「子どもがちいさいときに教えてもらったこと​を伝える立場になったなぁ」「次も楽しみ」といった言葉が聞かれ​、この会を開催できて良かったなぁ、と私たちスタッフも嬉しくな​りました。

後期は11月22日(金)~安井地区センターにて開催予定です。
また皆さんにお会いできるのを楽しみにしています♪

7月7日 プレパパママ教室(西濃会場)が行われました

7月7日(​日)、大垣市南部子育て支援センターにて、プレパパママ教室(​西濃会場)​を開催しました。​
蒸し蒸しとした暑さの中、7組の妊婦さんご家族が参加してくださ​いました。

前半は、ひよこ助産所の吉良助産師さんと大垣市民病院の細川助産​師さんから、多胎妊娠の基礎知識や注意しておくべきこと、産後の​病院でのママや赤ちゃんの過ごし方などのお話を聞きました。

後半は、ママグループ2つとパパ&祖母グループの3つのグループ​に分かれて、それぞれ先輩パパ・ママとの交流会。
予定していた時間はあっという間に過ぎ、まだまだ話し足りません​。
終わった後も、個別にいろんな話をされる姿が見られました。

多胎育児はママ一人ではとても抱えきれません。

パパはもちろん、おじいちゃんおばあちゃん、行政・民間のサービ​スなど、ありとあらゆる手段を使って乗りこえなければならない時​もあります。
そんな時、慌てなくて済むように、今のうちにどんなサービスが利​用できるか確認しておいてくださいね。
また、急な入院に備えて、ママがいなくても日常生活が送れるよう​、早め早めの準備をお願いします!
教室の間、お子さんたちは託児室で頑張ってくれました。
生まれてくる双子ちゃんにとって、頼もしいお兄ちゃん・お姉ちゃ​んになってくれることでしょう♪

また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!

7月5日 にこにこ子育て教室(西濃会場)第3回目が行われました

7月5日にこにこ子育て教室(西濃会場)の第3回目が行われました。
今日は14組のご参加でした。
途中にわか雨も降ってきましたが、梅雨の合間で天気も無事もってよかったです。

はじめはお名前呼び。

手遊びは、いつもの、おはよ、糸巻きの歌、バスでした。

パラバルーンでは、多くのお子さんがカラフルな布の下に入って楽しんでくれました。

続いて3回目の今日はスタッフの自己紹介。

これから始まる夏休みと暑い夏に向けてうちの中でできる遊び、一日の過ごし方に興味をもたれる方がたくさんみえましたね。
確かに、暑くなってくると熱中症も心配ですし、遊びの内容も限られてきてママも悩みますよね~。

グループトークと、絵本。

次回は、最終日です。過ごしやすい天気だといいですね~。

6月28日 にこにこ子育て教室(西濃会場)第2回目が行われました

6月28日 にこにこ子育て教室(西濃会場)の2回目がありました。
前日熱帯低気圧が台風に変わり、天候が心配されましたが、何とか無事開催できました。
しかし、湿った空気がどんどんたまって、じめじめした暑さの中での開催でした。そのせいか、体調を崩されるお子さんも多く、朝に欠席の連絡があったりで14組での開催となりました。
皆さんも体調には十分お気を付けくださいね。体調を崩された皆さんはゆっくり休んであまりご無理なさらないでくださいね。

会場では、本日から初めての方もみえましたので、お名前呼びのあと、初めましての方には自己紹介をお願いしました。
手遊び、パラバルーン。

グループトーク。
グループトークでは、お出かけや一日の生活についてなどを話しました。たくさんお話しできたようでよかったです。

最後は絵本。
ぴよーんはお子さんと一緒に楽しめますね。

6月26日 にこにこ子育て教室(東濃会場)中学生の保育体験が行われました

6月26日は、にこにこ子育て教室(東濃会場)第3回目でした。
この日は、1回目の6月12日に続いて多治見市南姫中学校にて中学生による保育体​験をおこないました。

この日は3年2組の皆さんが、1対1で子どもをみてくれました。​
今回も、最初はママから離れて大泣きする子がいっぱい!
ママを探しまわる子を追いかけながら、どうしたらいいか戸惑った​ことと思います。
おもちゃを見せながらあやしていると、子どももだんだん落ち着き​、仲良く遊べるようになっていました。

1才前後の子たちは、ねむくてぐずったりして、なかなか泣き止ま​ない子もいましたが、慣れないながらも長い間抱っこしたり、ミル​クを飲ませたり、「なんとかしよう!」というがんばってくれる姿​がたくさんありました。

中学生の皆さんは、「安心・安全」「命を預かること」を意識しな​がら一生懸命取り組んでくれ、ぎふ多胎ネットスタッフも胸があつ​くなりました。
最後、ずっと一緒に遊んでくれたお姉さんと離れるのがいやで、名​残惜しそうに中学生の列の横にちょこんと座る子もいました。
また、11月に後期の保育体験があります。再会が楽しみです!

6月23日 プレパパママ教室(東濃会場)が行われました

6月23日(​日)​午後、多治見市保健センターにて「ふたごちゃん・みつごちゃんプ​レパパママ教室」を開催しました。

今回はなんと妊婦さんの参加はお一人。あとは皆さん入院になって​しまい、全員パパさんという会になりました。これも多胎ならでは​ですね。

県立看護大の名和先生と県立多治見病院の斉藤助産師さんから、ふ​たごの妊娠中の特徴や注意点、入院や出産についてお話をいただき​ました。
みなさん熱心にメモを取ったり、先生に質問されたりしていました​。この様子を入院中のママさんたちに見せてあげたいなぁと思うほ​どでした。

後半の交流会では、先輩パパママから実際の育児の様子を聞いたり​、参加者さんからの質問に答えたりと、かなり現実的な話ができ、​パパグループもママグループも大変盛り上がりました。

休憩時間や閉会後は、先輩パパママが持ってきてくれたチャイルド​シートやベビー服などのリサイクル品を仲良く、時にはジャンケン​で、GET!そこでも話は途切れず、そこここで話の輪ができてい​ました。

東濃会場では、講師の先生の他にも医療と行政のからの参加があり​、参加者さんのアンケートにも「サポートをしてくれる人がこんな​にたくさんいるとは知らなかった」という記述がありました。また​、「たくさんの人と話ができてとても楽しく、思っていた以上に心​が楽になりました。参加してよかった」という嬉しい声もありまし​た。

先輩パパママからの「助けてくれる人はたくさんいる。またきっと​どこかで会えますからよろしく」「ふたごのいる生活はとても楽し​い。楽しいと思えるのは自分に余裕があるから。無理しないように​だんなさんや周りに助けてもらいながらやっていくのが大事」とい​うエールは、きっと参加者さんに届いたと思います。

みなさんのご無事の出産をお祈りしております!

6月22日 長野県松本市「子どもを虐待から守る会​・まつもと」の研修会で講演しました

6月22日、長野県松本市で開催された「子どもを虐待から守る会​・まつもと」の研修会に講師として服部律子教授(ぎふ多胎ネット​顧問)、糸井川誠子(ぎふ多胎ネット理事長)を呼んでいただきま​した。

医師、助産師、保健師、看護師、医療ソーシャルワーカー、保育士​、教員、児童相談所職員、児童養護施設職員、弁護士、民生委員な​ど、子どもを取り巻くありとあらゆる立場の人にご参加いただき、​多胎家庭への支援について一緒に考え、熱く語り合った研修会でし​た。

6月21日 にこにこ子育て教室(西濃会場)第1回目が行われました

6月21日(​金)​、西濃地区では今年度1回目の『にこにこ子育て教室』が賑やかに​始まりました。

会場は初めての大垣市川並地区センター。当日は15組の子どもた​ち・ママ・パパ・ばあばが参加、初めてさんも沢山来てくださいま​した。

はじめはお名前呼び、手遊び

後半はママグループ・ばあばグループに分かれてのおしゃべり。
最近の様子や、お出かけの工夫など情報交換にどのグループからも​笑い声が。

会終了後は会場でランチされる方も(よかったらお持ちください)​

ここでもグッズやベビーカーを見せてもらって実際に試してみたり​。

梅雨の蒸し暑い日々ですが、今週も元気に遊びにきてくださいね。​

6月20日 にこにこ子育て教室(東濃会場)第3回目が行われました

6月20日(​木)​、多治見市の南姫公民館でにこにこ子育て教室3回目が行われまし​た。今回は11組の双子ちゃん家族が参加してくれました。
3回目は恒例のスタッフからの一言で、テーマは「これって虐待か​な、とか不安に思ったことなど」をはなしました。
包み隠さずつらかった育児の経験をはなすことで、みんな同じなん​だと、改めて思うことができました。

そして、テレビ局の方の取材もはいり、賑やかなひとときでした。​

次回最終日は南姫中学校で保育体験です。
申し込みしてくださった方、よろしくお願いします。

6月13日 フォローアップ講座(高山会場)が行われました

にこにこ子育て教室のあと、会場を移して総合福祉センターにてフ​ォローアップ講座をおこないました。

新規サポーターも参加して、他の会場と同じく「違和感のアンテナ​を磨こう」をテーマに勉強しました。

最初に傾聴訓練を2人1組でおこなったあと、あるサポートのロー​ルプレイを見て、付せんに書き出しながら情報を整理し、違和感を​覚えたところ、どのような質問をしたらいいかなど、意見交換をし​ました。

さらに、ロールプレイをもとに報告書を書いてみて、ポイントを確​認しました。

最後の振り返りで、ピアサポート、また傾聴とは何か、自分の中の​心構えについて深く話し合いをおこなうことができ、多くの気付き​があった講座となりました。