NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
みつご虐待事件関連

6月14日 三つ子虐待死事件裁判の第2次嘆願書名を提出しました

6月14日、第二次嘆願署名を名古屋高等裁判所に提出してきまし​た。
みなさまのご協力で、署名は合計12130筆となりました。

本当にありがとうございました。
署名はまだまだ集めております。
最終的には7月2日の公判の日に持っていきますので、まだお手元​にありましたら7月1日までに届くよう、ぎふ多胎ネット事務局(​〒507-0814多治見市市之倉町13-83-536)までお送りください。​
ご協力をよろしくお願いいたします。

三つ子虐待死事件 外部検証委員会の報告書(中日新聞6月18日朝刊)に掲載

中日新聞6月18日朝刊に、三つ子虐待死事件の外部検証委員会の報告書が掲載されました。
QRコードを読み取ると報告書の全文を読むこともできます。

また、7月2日に名古屋高裁で控訴審がありますので、それまでの期間、ぎふ多胎ネットでも第2次署名活動を行っております。
ご協力いただける方は、ぜひ下記よりお願いいたします。
第2次署名活動について

三つ子虐待死事件の第2次署名活動を始めます

日本多胎支援協会の呼びかけに従って、私どもNPO法人ぎふ多胎ネットも、豊田のみつごちゃんの事件の裁判判決に対して、減刑を求める嘆願書の第2次のお願いを開始いたします。
まだお手持ちの方は、ぜひ事務局までお送りください。

また、さらにお知り合いに広く呼びかけでご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

手順としては第1次の時と同じく、嘆願書をダウンロードし、署名・捺印(サイン)したものを、ぎふ多胎ネット事務局まで郵送してください。

嘆願書ダウンロードはこちら

5月13日「多胎家庭の虐待死事件から考える研修会」が開催されました

5月13日(月)​、とうしん学びの丘エール(多治見市)にて、NPO法人Mama’s​ Cafeさん主催の 「多胎家庭の虐待死事件から考える研修会」が開催されました。

県内各地、さらには県外からも、定員をはるかに超える多くの参加​がありました。
行政の方、子育て支援に携わる方、ふたごのパパ・ママ、などさま​ざまな方面から参加してくださいました。

ぎふ多胎ネット理事長・糸井川の講義や、グループワークを通して​、参加者がそれぞれの立場で何ができるか、どのような仕組みがあ​ればいいのかを考えることができました。

また、このような悲しい事件を二度と繰り返さないように、という​強い気持ちを改めて持つことができました。

~~~~~~~~~~~~~~~新聞掲載もされました 5月14日中日新聞朝刊 加茂版より~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~新聞掲載もされました 5月15日朝日新聞朝刊 より~~~~~~

NHK NEWS WEB(東海NEWS WEB) 三つ子虐待死事件の署名提出しました

三つ子虐待死事件への1万を超える署名を名古屋高等裁判所に提出しました。

NHK NEWS WEB(東海NEWS WEB)
https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20190513/0004654.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~当団体理事長糸井川より~~~~~~~~~
皆さんからいただいた署名は、日本多胎支援協会の取りまとめ分と​合わせ、合計11286筆となりました。
本日5月13日、名古屋高等裁判所に提出してきました。
本当にありがとうございました。
みなさまの熱いお気持ちが届くよう願っております。

まだ、お手持ちのものがありましたら、どうぞお送りください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~新聞掲載されました 5月14日中日新聞朝刊~~~~~

署名活動に引き続きご協力ください (4月末まで受け付けています)

署名について】
多くの方から沢山の署名をいただき、感激しております。

中には幼稚園の送り迎えの時に声をかけて300人もの署名を集め​てくださった方も。
みなさんのお一人お一人のお気持ちに、本当に感動しております。​
お一人分でも構いません。
まだ、お持ちの署名がありましたら、ぎふ多胎ネット事務局(〒5​07-0814多治見市市之倉町13-83-536)までお送り​ください。
4月末をめどに、お一人でも多くの方の声を届けたいと思います。​
どうぞよろしくお願いいたします。

4月3日のNHK Webニュース(事件の関連記事)、Webマガジンの記事

4月3日のNHKのWebニュースで再び、みつご虐待死事件の関連記事が取り上げられました。
その関連記事の中には、この事件の裁判の傍聴を続けた当団体理事長の糸井川の話も掲載されています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/k10011870821000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_001

また、WEZZY(ウェジー)というWebマガジンにも多胎育児についての記事が掲載されています。
その中で、当団体理事長の糸井川が自身の経験、多胎のママや家族と接してきた長年の経験と調査に基づく多胎育児の実情について皆さんに知っていただきたいと訴えます。
https://wezz-y.com/archives/64806/2

「多胎家庭の虐待死事件から考える研修会」(5月13日開催)のご案内

すぐに動く人がいる
心から動く人たちがいる
動ける体制がある
動こうとする繋がりがある
どうやって「それ」を作るか
「何」がないと、こうなってしまうのか
この事件から私たちは学ばなくてはなりません
二度と繰り返さないために。

研修会チラシ
※記事をアップした当初に掲載したチラシには、参加費の記載がありましたが、参加費が無料になりました。

日時:5月13日(月)10:00~
会場:とうしん学びの丘エール
内容:「多胎家庭の虐待死事件から考える研修会」
講師:NPO法人ぎふ多胎ネット
お申し込み:NPO法人Mama’s Cafe 0572-26-9992まで。

署名のお礼とお願い

今週に入り、次々と署名が届いています。
ぎふ多胎ネットの育児教室などに参加した多胎ママ、中には転勤で​遠くに転居された懐かしいお名前の方も。そして、愛知県や豊田市​のママたちからも。思いがけず私の昔の職場の方々からも。温かい​お手紙を入れてくださる方もありました。
わざわざダウンロードしてプリントアウトし、手書きの署名を呼び​かけ、集め、封筒に入れて切手を貼って投函する。この面倒な作業​をしてくださったみなさま。「ありがとうございます」と頭を下げ​ながら開封しております。開くたびに感謝の気持ちが湧いてきます​。
お一人お一人の温かい思いにお礼を申し上げたいところですが、そ​うしたことも叶いませんので、この紙面を借りてお礼を申し上げま​す。
本当にありがとうございました。
署名は、引き続き集めております。何人分でも構いません。
どうぞ、ご協力よろしくお願いいたします。
たくさんの方のご協力をお願い致します。

ぎふ多胎ネット理事長 糸井川誠子