NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
ピアサポート訪問

ぎふ多胎ネット コロナウイルス感染予防対策マニュアル

ぎふ多胎ネットでは、サポートを受ける側もサポートする側も安心して活動ができるよう、新型コロナウイルス感染予防対策として、以下のようなマニュアルを作成し、これに基づいて活動しています。

PDFファイルはこちらからダウンロードできます。
※下記に本文を掲載いたします。このマニュアルは、当団体ホームページのトップページからもダウンロードできます。

【NPO法人ぎふ多胎ネット 新型コロナウイルス感染症防止対策マニュアル】

1、 実施体制
(1) 感染症防止対策の対策実施責任者は理事長とする。
(2) 支援事業を実施する際は以降の項目を徹底するよう、スタッフに文書を配布し周知する。
(3) 事業の参加者やスタッフの氏名と連絡先を把握する。
(4) 事業の参加者やスタッフの健康状態を把握する。
    (37.5度以上または平熱日1度越えなどの発熱、息苦しさ、強いだるさ等)

2、 事業について
(1) 当該事業の開催について、必要性を充分検討する。
(2) 大声の発生、大勢での歌唱、声援が想定される事業は実施しない。
(3) 屋内で、呼気の上がるような運動を伴う事業は実施しない。
(4) 当面の間、人と人との距離を確保できる参加者数とする。
(5) 飲食を伴う事業は実施しない。(水分補給は除く。)

3、 事業運営にあたって
(1) 参加者間の間隔を確保する。(できるだけ2メートル。最低1メートル。)
(2) 入場の際は混雑が予想されるため、床にテープで目印をつけ、適切な間隔が保てるようにする。
(3) 適切な参加人数とする。
    ・研修会等では、指定席化や座席間隔を確保するなど参加者同士の間隔確保を徹底する。
    ・参加者同士の間隔が確保できるよう参加人数を設定する。
(4) 参加者およびスタッフの健康確認
    ・会場の入り口で参加者の氏名、連絡先、健康状態、体温をシートに記入してもらう。
    ・参加前に自宅で検温し、37.5度以上または平熱比1度越えの方には参加を控えてもらうよう徹底する。
    ・息苦しさ、強いだるさやその他感冒に似た症状のある方に参加を控えてもらうよう徹底する。
    ・途中で体調が悪くなった場合は、すぐに申し出て帰宅してもらう。
     その際、新型コロナウイルスの検査で陽性だった場合は直ちに事務局まで連絡をしてもらうよう徹底する。
(5) 参加者及びスタッフはマスク着用とする。
    (未就園児は除く。また、熱中症の危険のある場合は、安全に配慮しながら適宜マスクを外すなど、配慮する。)
(6) 参加者及びスタッフの手指消毒の徹底をする。(会場入口に手指消毒液を置く。)
(7) 換気の徹底をする。(30分に1回以上、数分間の窓開け。2方向の窓開け。換気扇の常時稼働など)
(8) 感染症対策に向けた参加者への呼びかけをする。(ソーシャルディスタンスの確保、マスク着用、手指消毒の徹底等)
(9) 廃棄物対策
    ・鼻水、唾液のついたゴミはビニール袋に入れ密閉して持ち帰りを徹底する。
    ・ゴミ回収者はマスクや手袋を着用する。
    ・マスクや手袋を脱いだ後は石鹸と流水で手洗いを徹底する。
    ・トイレの蓋を閉めて汚物を流すことの徹底を呼びかける。
(10) 授業開催時に使用した机椅子などの備品、おもちゃ等は開始時と閉会時に消毒を徹底する。

4、 スタッフについて
(1) マスク着用、手洗い手指消毒の徹底、健康管理の徹底をし、衣服はこまめに洗濯交換する。
    (スタッフにはマスク、手指消毒液を配布し、事業の際に使用できるよう準備する。)
(2) 本人及び家族が体調不良の場合は事業に参加しないようにする。
(3) 日ごろから3密などリスクのある場所への移動を出来る限り控える。
(4) 事業の参加者に体調異変者が発生した場合は、防護対策を講じた上で速やかに別室に隔離するようにする。

※このマニュアルは、令和2年7月1日から適用する。なお県内の状況により改定を行うものとする。

赤ちゃん訪問に行ってきました

1か月健診前のふたごちゃんのお宅に保健師さんと訪問してきました。

パパがしばらく育休を取って、産後すぐから自宅で奮闘されています。

ママとパパとの連係プレーでの授乳やお世話に、保健師さんも驚かれていました。

保健師さんに体重を計ってもらい、大きくなっていることがわかり、ママもパパもとっても嬉しそうで、ほっと安心されたようです。

赤ちゃんのお世話のことやパパが育休空けてからの過ごし方など、話題は尽きず、あっという間に時間が過ぎました。

まだまだ、大変な毎日でしょうが、心からエールを送りたいです!

赤ちゃん訪問

まだ生後1ヶ月前のふたごちゃんのお宅に、保健師さんと赤ちゃん訪問に行って来ました♪

突然の帝王切開から始まった予定より早い出産だったそうです。
多胎ではよくあることですが、ママも家族もびっくりです。母子ともに無事で本当によかったです!

赤ちゃん訪問では、保健師さんに体重を計ってもらったり、身体を見てもらったりします。「順調ですね」と太鼓判を押されると、ママもおばあちゃんも、とっても安心されていました。

地元のサークルを紹介しましたが、その場ですぐ入会されました(^-^)vたくさんの仲間に出会って、育児を楽しんでほしいと思います♪

かわいいワンちゃんが、まるでお姉ちゃんのようにちびちゃんたちを見ていたのが微笑ましかったです(*^^*)
二人ともスクスク大きくなあれ!

ピアサポート訪問に行ってきました(9月13日)

生後1ヶ月の赤ちゃんのお宅に、保健師さんと訪問してきました♪

お母さんはまだ自分の体調が万全でない中、本当に頑張っていて、赤ちゃんはスクスク育っていました(≧▽≦)

「自分のお風呂はいつ入ればいい?」「予防接種を打つ病院はどう決める?」「ミルクの量はこれで足りてる?」「ふたり泣いちゃうときは?」「家事はいつやればいい?」「手首や膝が痛いのは、病院に行くべき?」
どの質問も、ちょっとしたことですが、聞きたい気持ちは「私もわからなかったなぁ」と、ピアサポーターならわかります。

赤ちゃんやお母さんのからだのことなども保健師さんが丁寧に答えてくださいます。

育児教室や地域のサークルの紹介を熱心に聞いてくださいました。

お待ちしてますよ!是非、出掛けてください!頑張れ!新米ママパパさん!