NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
スタッフコラム(^_-)-☆

「多胎支援の一歩〜ピアサポーター養成​講座を受講して〜」

この文章は、岐阜県外に現在お住まいで、ピアサポーター養成講座を受講された双子のお母さんが書かれたものです。ありのままのお母さんの気持ちを知っていただきたいので、いただいた原文のまま掲載しています。

なお、個人情報の観点から、実名は伏せてありますのでご了承ください。

下記の線以降が、いただいた文章です。

===========================================================================

「快適なマタニティライフでしたか?」
「赤ちゃんの双子ってかわいいから楽しく育児できるね?」
これは実際に私が 0 歳児育児をツライと感じている時に聞かれたことです。
いい母親でありたいと思ったであろう私は当り障りなく返答しましたが、実際は「NO」でした。

わが子はおなかにいる時からかわいいです。
かわいくて仕方がないです。
でもその気持ちだけでカバーできないほど多胎妊娠・出産・育児はツライ事が多いものでした。

私は地元を離れ岡山県で暮らしています。
双子を妊娠し「何とかなるだろう」という気持ちと夫にも父として自覚してほしかったのもあって里帰りをしませんでした。

両家の実家は遠方、知り合いも頼れる人も少ない、夫は協力的でとても理解はありますが仕事が多忙で不在がち・・・そんな中、出産・多胎育児が始まりました。

わが子はかわいい、なのになぜこんなにツラいの?私はダメなママだ「ごめんね。」
何度、子供たちにそうつぶやいたかわかりません。
「何とかなるだろう」そう思っていたのに同時泣き・同時授乳・オムツに沐浴プラス家事、自分の時間はなく睡眠不足でどんどん自分が壊れていくのがわかりました。

何度も何度も「もうダメだ!もう無理!」と思いました。
そんな時に頑張ることができたのは私を支えてくれた人たちの存在です。

偶然知り合った方に「双子って大変、私手伝うわ」と声をかけてもらい双子育児を手伝ってもらったこと
同じ双子を育てているママ友になかなか直接会えなくても「頑張ろうね!」とメッセージをやりとりして励ましあったこと。
散歩や買い物中に会う近所の人や店員さんも「かわいいね!頑張れ」と応援してくれたこと。

そういった人達の支えがあって今の私があります。
ただただ話を聞いてもらえるだけでどんなに救われたことか。

こういった経験からこれから多胎のママになる人に同じ思いをしてほしくない!
どうしたらママ達が追い詰められず多胎育児を迎えられるか?
私の経験を生かして少しでも心身の負担が軽くなってほしい!

そんな思いで何か出来ないかと考えるようになりました。

実際に何かする前に自分自身が知識を身につけなくてはと思い、ぎふ多胎ネットさんの開催している多胎育児ピアサポーター養成講座を受講しました。

ピアサポーター養成講座の受講者は小学生や中学生の大きなお子さんがいるママが多いかと思っていました。しかし私と同じ未就学児の多胎児を育てている方が多くて驚きました。
自分の育児も大変な中「私にもできることをしたい」「自分が大変だった時にピアサポーターさんに助けられたから今度は私の番だと思った」といった私と同じ思いで参加されている方ばかりで感動しました。
そして、皆さんの優しさに安心した気持ちになりました。

講座に参加された方の話やぎふ多胎ネットさんの活動を聞いて私も岐阜で出産・育児がしたかったなぁと岐阜の多胎ママ達がうらやましく思いました。

実際に参加して多胎妊娠の知識はもちろん身に付きましたし、他のママ達の経験談をたくさん聞くことができ、やはり多胎育児は妊娠中からサポート必要だと確信しました。

そして何より岐阜でピアサポーターとして活動することが難しい他県在住の私を快く受け入れてくださり、私の思いに心を寄せて聞いてくださったことに心が動かされました。

ピアサポーターの講習を受け、現在住んでいる地域で多胎プレママ教室を開催しよう!と考え行動を始めました。
しかしこれが難航しました。
多胎という多胎だけを対象したイベントは集客が少ないであろうという理由で協力が得られなかったり、大きな組織を個人で協力してもらえるように動かそうとすることは高い壁でした。

まず何かを始める・・・それすら出来ないそんな状況を救ってくれたのも同じ多胎ママでした。
「大きな所とできないなら、私たちでやろうよ。地元の多胎サークルと共同できっとできるよ」
「これから始めようとしていることはきっと誰かの救いになるよ!」「私もお手伝いするよ!」
と心強い言葉で救われました。

私の中で協力してくれているママ友も多胎育児真っ最中です。私は多胎育児を支えたいと思っているのに協力してくれているママ達に負担をかけるのは本末転倒だと考えていました。
しかしこの言葉で頼らせてもらおう!でも無理なことは無理と言ってもらえる信頼関係を築いていこうと考え直し再スタートをしました。

たくさんのママ友や多胎サークルの方からの協力を得て「多胎出産経験者とおはなし会」というイベントを開催する運びとなりました。

大きなイベントではありませんがこれが私たちの第一歩です。

私の「自分が大変だったから他の多胎ママの助けになりたい!」その思いと直感だけで動く私に協力・応援をしてくれる夫や仲間のママ友のみんな、多胎育児に関わる人、私の育児を支え背中を押してくれた方々には感謝しかありません。

このステキな出会いを大切にしていきたいと強く思います。
双子を妊娠し出産して諦めたことも正直たくさんありますが得たものもたくさんあります。

私は普通の双子の母親です。
双子だからと悩み、泣いたり笑ったりして育児をしています。
でも「ママは双子だからこそのあなたたちと過ごす大切な時間を最大の武器に色々頑張ってるのよ」と泣いたり笑ったりしている姿をみせて、いつか「ママかっこいいじゃん」と言ってくれる日を夢見ています。

まだまだ走り出したばかりの夢ですが一歩ずつ進んでいきたいと思います。

この思いが全国に広がり多胎ママが少しでも過ごしやすい優しい環境になることを祈って・・・・。

【スタッフコラム NO.7】年中さんの男の子の仲良し双子(*^^*)(*^^*)

長い夏もやっと終わったと思っていたら、もう10月も終盤。

カンガルーママです。

うちには年中の男の子の仲良し双子がいます。
家ではケンカが多いのに、幼稚園では二人一緒で、なかなか友達が出来ないので、今年から違うクラスにしてもらいました。

やはり一緒に遊ぶことが多く、お友達が入り込めないようです。それが 最近、幼稚園バス🚌の2列シートに3人一緒に座ってくるのです。
お友達?誰だろう?思ってたら、やっと、ご近所の年少の子と教えてくれました。
バスに乗る時は仲良くしているようです。

うちの双子達も9月の連休中に運動会がありました。

直前に二人とも風邪をひき、大丈夫かなと思っていたら・・・先生はお遊戯の心配されてて・・・二人はそれぞれのクラスの背の順で1番前なので、お遊戯も先頭。
先頭がキョロキョロして、早く動かないと全体が上手くいかないので、とても心配されてましたが、なんとか上手くいったようです。
2回目の運動会なので、雰囲気も分かり、楽しく頑張ってきました。
一年前に比べたら、ずいぶん成長したな〜と思います。かけっこ、玉入れもしてましたが、運動会って動きが速くて、写真📷撮ろうと思っても上手くいかないですね。お遊戯は子ども達が一杯でわが子がどこにいるかもよく分からなくて。どんどん動いていってしまうので、ますます分からなくなっていました 。写真はあきらめて見ていた方がよかったかなと思ってます。

さて、最近の双子のお気に入りは  カンガルーのパペット。
二人で取り合い、一緒に寝てます。カンカン と名前を呼び、ママー、ベイビーと呼んでお世話して、かわいがってます。
男の子なんですが、可愛いもの好き(以前は鳥やひよこ🐥)なようです。
カンガルーが見たいって言いますが、オーストラリアは無理なので、動物園で許してもらおう。ずっと、身代わりになってくれるという石のストラップをお守りに使っていました。
春に糸が切れてしまいそのままだったので、やっと直してもらってきました✨ そして双子達にも。
食物アレルギーと持病があるので、本当にお守りとして、園のカバンの中につけてみようかと。
双子のは、願い事が叶う石や、巳年は丑年に守られると丑の形の石も付いてました。
ちなみに、お店は岐阜のにこにこ子育て教室会場の近く、茜部にあります。


レクリエーションフェスティバルの開会式に、双子達が幼稚園から参加していきました。ミナモと佐藤弘道さん、勅使川原郁恵さん達と一緒にミナモ体操して、佐藤ひろみちお兄さんの親子体遊び教室にも参加しました。たくさん体動かし、疲れたようですが、ミナモがいた~と嬉しそうで、とっても楽しめたようです。


風邪などひかないように気をつけて下さいね。

【スタッフコラム NO.6】工夫と習慣づけ~成長を感じます(*^^*)(*^^*)

ぎふ多胎ネットに入って2年、8歳の男の子、5歳の双子の男の子を持つ母です。

子どもたちが幼稚園や学校に入ってからは、長期休暇のたびに、2つ掛け持ちしている仕事を休ませてもらっているところです。

今年の夏休みは、幼稚園最後の夏休みになりました。それももう少しで終わり。
兄の時と同様に、来るべき来年へ向けてランドセルを購入し、そのランドセルに本を入れて、一人で小学校まで歩いていく練習をし、家では、ひらがなとカタカナ、数字の読み書きをしています。

思えば、幼稚園に入る前は、一人で着替えができるようにと、兄の時にも、双子たちの時にも、色々と工夫をしていました。その一つがこれ。


特に双子たちの時には、色分けをした子供服用のハンガーと、写真にはありませんが、2つある棚が役に立っています。

一人は緑色、一人はオレンジといったように最初に決めてから3年間ずっと、制服やジャンバーをかけ、靴下、帽子、カバンなどを置いています。

最初は、もちろん、私がやらなければ何もできませんでしたが、徐々に一人でできるようになってきました。

今では一人で着替えて部屋から出てくるようになりました。

そして、普段着は、二段ベッドのそばに置いたかごの中に、上下重ねておいておきます。子どもたちは先着順に服を手に取り、着替えます。

兄は、若干サイズが異なるため、こっち。
毎回、同じ場所、決まった形で置いておくことで、3歳の頃の兄も双子たちも少しずつではありますが、自分のものを感じ、反復することで学習し、それを一人で実行できるようになっていく。
3年間の成長ぶりが手に取るようにわかる事例でもあります。大きくなったなーと思い、かつこれから待ち受ける小学校でも頑張ってほしいなと思う、私。

今年の夏は梅雨みたいに雨の続く夏でしたが、9月は残暑が厳しくなるような予報も出ていますので、みなさんも熱中症に十分注意してくださいね。

【スタッフコラム NO.5】夏休みもあと少し!!

多胎ネットスタッフ3年目、小3の娘・年長の女の双子・夫・愛犬の5人+1匹家族のツッチーです。

お盆が終わりましたね。主人の実家はご先祖様がいらっしゃるのでお盆は迎え火や送り火と色々とやることがあります。15日が過ぎご先祖様もお帰りになり、嫁として一息ついてるところです!(^^)!
子どもにとっては楽しい夏休みですが親は大変ですよね( ;∀;)

夏休みの日課になっているのが、朝、子供と4人で愛犬の散歩に行くことです。普段はなかなか一緒に行く時間がなく私一人で行くのですが、休みに入ると自然に子供たちが付き合ってくれるようになりました。20~30分位の短い時間ですが、4人で色々な話をしたり貴重な時間になっています。

愛犬が我が家に来て10カ月になります。飼うまではかなり悩んだのですが、いざ飼ってみると、双子は妹が出来たみたいで嬉しいらしく、お姉さんぶって「お姉ちゃんが守ってあげるからね~」と進んでお世話をしてくれています。今までお世話してもらうのが当たり前だった双子も、お世話をするという気持ちが出てきたようで飼って良かったです!(^^)!もうすぐ1歳の誕生日、みんなでお祝いしようね♡と計画中です。

夏休みの宿題で、去年かなり手こずったのが読書感想文です。後回し後回しで夏休み終わりギリギリに2人で大変な思いをしました。なので今年は7月中に終わらせようね!と長女と約束し、何とか終わらせることが出来ました(#^^#)2日かかりましたが…。一作品は主人が娘と頑張ってくれました。
が、まだまだ宿題残ってます…((+_+))

来年からは双子も小学生。宿題を考えただけでどうしようかと…((+_+)) 長女は自分でやってくれるタイプなので比較的楽なのですが双子はどう考えてもそういうタイプではない。双子の先輩ママ達に対処法を相談しないと!!周りに頼もしい先輩ママが沢山いるのが本当に心強いです!(^^)!

 

7月は家族旅行、双子サークル恒例のお泊り会、花火大会と色々楽しみ、8月はお友達家族とBBQや川遊び等しました。我が家の夏の計画はひと段落したので残りは子供たちと何をしようか考え中です。

【スタッフコラム NO.4】プレパパママ教室のこと

スタッフコラムNO.4は、3歳の女の子双子ちゃんのママ(Yさん)の、プレパパママ教室に初めてスタッフとして入った時の感想です。

Yさんはこの3月まではにこにこ子育て教室参加者、その後研修を受け6月から多胎ネットのスタッフデビューをしました。

..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。

 

地域や産院だと母親学級がメインでママのみのところが多いと思うのですが、多胎プレママパパ教室だと、パパだけでなくおじいちゃんおばあちゃんにも多胎妊娠を理解してもらうとてもいい機会になるなと思いました。

単胎の妊娠とは違い、いかに安静が大事な事、産後も周りの協力が必要な事、実の親なら言いやすい事でも、義両親にはなかなかママ側からは言えない事もあるけれど、こういう場に一緒に来てもらい理解してもらえると義両親にも今後色々頼みやすい環境作りができるなと思いました。

私は妊娠中プレママパパ教室に参加できなかったのですが、妊娠中に知ってたらぜひ参加したい教室だと思います!

参加者さん達が無事出産されて育児教室でまたお会いできるのが楽しみです。

(写真は過去の多胎プレパパママ教室の様子です)

 

 

 

【スタッフコラム NO.3】念願の七五三撮影会

こんにちは(^o^)/
ぎふ多胎ネットスタッフ3年生のりさっぺです。
うちのツインズは、年長さん二卵性の男の子。とってもやんちゃで、怖いもの知らずな二人です。早生まれなのですが、5才のうちにと思っていた、念願の七五三撮影に行って来ました。

服選びは本人達に任せると早い! 数秒で決まった!
スタッフさんのおかげで、上手に撮ってもらうことができました。

 

目を離すと こんなかんじでお馬鹿してたり(笑)

旦那と撮影の様子を見ながら、 あのとんでもなく やんちゃでどうしようもなかったツインズが、ちゃんと言われた事が出来ている。落ち着いて堂々とポーズして …    今までとの違い、成長が見てとれ、とても嬉しい気持ちで、少しうるうる(涙)

なぜか2人が頑張って活動していると感動してしまう。

 

どう?王子様みたいでしょ(笑)

2人ともよく頑張ったので、ご褒美のオヤツタイム!

次はランドセルの写真かな?

 

【スタッフコラム NO.2】スタッフ3年目、がびです(*^^*)

こんにちは!
ぎふ多胎ネットスタッフ3年目、がびです(*^^*)

夏休みに入ってからというもの、スカッと晴れる日がほとんどなく、どんよりしたお天気が続いています。

我が家の双子は年長男子!!
上に小2の兄がいます。

今年は双子の入学準備を地味に進めています。

6月にはランドセルを購入♪年々、早まっているとは聞いていましたが、お店に着くとお客さんでいっぱい!( ̄□ ̄;)

限定モノは既に完売してるとかで、2年前の長男の時よりも早まっていると感じました。

ちなみにランドセル、双子なんですが…とダメもとで言ってみたら、値引きしてくれました(^o^)v

お店の方に感謝、感謝(ToT)

届くのは9月。楽しみです☆

さて、そんな我が家の夏休み最初のイベントは3人が大好きなウルトラマンのショーへ。
ついつい財布のヒモが緩んでしまう、イベントの恐ろしさ(笑)

 

そして、翌日は小学校の夏祭り。雨のため、体育館での開催でしたが、子どもたちは1000本くじやスマートボール、ストラックアウトなどを楽しんでました。

お天気の悪さも手伝って、今のところ毎朝の学習も続いています!
兄にならって双子はドリル(*^^*)

このまま8月の終わりまで続く…かな?

 

最後は大活躍していたお当番表の紹介です。
車の座席(どこに座るか)、歯みがきやお風呂の順番、寝る場所(誰が私の隣で寝るか)など、ありとあらゆることで揉めていた3人ですが、このお当番表のおかげで揉め事を少し減らすことができました♪

毎日回して使っていましたが、幼稚園に歩いて登園するようになったり、順番よりも眠気を優先してお風呂や歯みがきを済ませられるようになったり…。

当番表の役目が終わる日も近そうです(^-^)

【スタッフコラム NO.1】夏休みですネ♪(*^^*)(*^^*)♪

ぎふ多胎ネットスタッフ歴5年目のみるきぃです。

4年生の男女の双子、2年生の妹、夫の5人家族です。

 

いよいよ夏休み突入ですね♪

私は普段は平日仕事をしていますが、夏休みはお休みをいただき、40日間子どもとの時間にどっぷりと浸かります。

去年は双子3年生、妹1年生で、低学年3人の宿題、自由研究をどうするか?と悩みました。

結局、とてもワタシ1人ではできない…ということで、双子女子の自由研究を夫のノルマとすることで、なんとか仕上げることができました。

今年は去年よりもみんな学年が1つ上がり、去年よりはできるようになっていて欲しいという願望を持ちつつ・・・きっと夏休みの終わりに慌てて、去年と変わらない感じなんだろうなぁ~((+_+))

 

小学生の夏休みは、宿題、自由研究、何かと慌ただしい感じに夏が過ぎていきますが(計画的にすれば有意義になるはずですが…( ´艸`))、宿題もなく、遊びが仕事の幼稚園児、小さい子の夏休みの過ごし方もそれはそれで工夫が必要でした。

 

子どもが幼稚園の頃、アパートに住んでいました。

ご近所さんから『子宝アパート』と言われるくらい子どもの多いアパートで、24世帯のアパートのうち12世帯に子どもがいて、12世帯中双子3世帯。(この双子率、すごいですよね(@_@))

夏休みはアパートの端っこにプールを3つくらい出し、朝から水を張り、みんなが好きな時間帯にプールで遊ぶ。

我が子が水遊びしている間、ママ監視員の目線は子どもに向けながらもおしゃべりに花を咲かせる~そんな毎日を過ごしていました。

 

あと、お世話になったのが児童館。

エアコン完備、魅力あるおもちゃアリ、子どもは思いっきり遊び、夜もしっかりと寝てくれる。

いろんなチラシも置いてあるから、楽しいイベントや他のおでかけスポットも見つけられたり。

 

夕方の涼しい時間帯に公園をお散歩し、せみの幼虫を取って帰り、自宅でせみの羽化の観察。

公園に行ってせみの抜け殻をた~くさん拾い、頭や服にた~くさんつけて遊んだり(結構スゴイ光景デス(´;ω;`))。

 

夏が暑いのは仕方がない!夏にしかできないことをい~っぱい経験させてあげて欲しいですね。

ちょっと早めに配布された『夏の友』。ワタシとしてはとっとと終わらせた~い!