NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
メディア掲載

NHKで『多胎!ファミリーフェスタ2016』が紹介されます(11月24日)

11月24日午前11:50~NHK総合で岐阜エリアで放送されています『みのひだ放送局』の番組内で、11月26日開催の『多胎!ファミリーフェスタ2016』についての紹介があります。

昨年のフェスタの様子(写真)で、どんな雰囲気で行われているかが分かるかと思います。

(今年はふたごじてんしゃの展示、ベビーヨガとママの産後ケア、こどもえんにちコーナーなど、去年はなかったコーナーもありますヨ🎶)

みなさん、11月24日11:50~の『みのひだ放送局』をぜひご覧ください。

 

『みのひだ放送局』: http://www.nhk.or.jp/gifu/program/b-det0001.html

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

「たじみ子育て楽市楽座」(主催:多治見市・Mama’s Cafe)がセラミックパークMINOにて
盛大に開催され、ぎふ多胎ネットでは募金活動と「ふたごコーデファッションショー」をおこないました。

秋晴れの中たくさんの人が集まる会場の中を、スタッフとその子どものふたご達が
ふたご・みつご家庭のために募金箱を持って回りました。

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

午後からステージにて「ふたごコーデファッションショー」を開催しました。
ふたごだけでなく、お友達や兄弟姉妹・親子で21組の参加がありました。
みなさん、それぞれのこだわりのある素敵なコーディネートで登場してくれました。
参加の皆さんを審査員の方々が審査して、表彰~✩
審査員には、中部ファッション専門学校や岐阜女子短大、多治見工業高校の先生方、
岐阜トヨタ、多治見郵便局、東濃信用金庫、日本多胎支援協会、ヤングビーナス、
Mama’s Cafeの皆さま。
入賞者には、楽市楽座の商品券や各協賛企業様の素敵な賞品をプレゼント!
最後に記念撮影をして、とても楽しい会となりました。

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

ふたごコーデファッションショーをおこないました!(11月6日)

会場でふたごやみつご家庭の現状に耳を傾け募金をしてくださった皆さま、
この日のためにおしゃれしてファッションショーに参加してくださった皆さま、
たくさんのコーディネートを丁寧に審査してくださった審査員の皆さま、
そして、初めての参加で慣れない中アドバイスをくださったMama’s Cafeの皆さま、
本当にありがとうございました!!

 

★ 2016年11月8日(火)の岐阜新聞の朝刊より ★


%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%94%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%872016
Webでも!

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%94%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%872016%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00003053-gifuweb-l21

朝日新聞で『ぎふ多胎家庭白書』を取り上げていただきました。

147名のふたごちゃん・みつごちゃんのパパ・ママさんにご協力いただき、アンケート調査しまとめた『ぎふ多胎家庭白書』の発行について、4月23日の朝日新聞(23面)で取り上げていただきました。

朝日新聞の記事にも書かれていますが、この『ぎふ多胎家庭白書』は、多胎育児に関してこれほどの規模の資料は全国でも初めて。

多胎育児経験者の生の声がいっぱい詰まっていたり、アンケートの回答を分析、考察し、多胎妊娠・出産・育児の現状、双子・三つ子育児の困難さが浮き彫りとなっています。

233

新聞記事の後半では【支援を受けた人が支援者に】ということで、その1例として中津川市子育て支援センターで開催の「ふたごちゃんの会」にサポート支援に入ったところを取り上げていただきました。

ぎふ多胎ネットは、さまざまな多胎ネットの支援サービスを受けたママたちが、お子さんが少し大きくなった頃、今度は支援者となるという循環ができている…というのが特徴です。

サポータ自身の経験や、参加者さんの「こんな支援があったらいいね(こんな支援が嬉しかった。こんな支援が欲しかった。など)」を元に、妊娠期から育児期まで切れ目ない支援で、これからもすべての多胎ファミリーを応援していきます!

 

★『ぎふ多胎家庭白書』は、1部500円(税込み、送料別)で販売しています。

お問合せは ぎふ多胎ネット(gifu.tatainet@gmail.com)まで。