NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
健診サポート

ぎふ多胎ネット コロナウイルス感染予防対策マニュアル

ぎふ多胎ネットでは、サポートを受ける側もサポートする側も安心して活動ができるよう、新型コロナウイルス感染予防対策として、以下のようなマニュアルを作成し、これに基づいて活動しています。

PDFファイルはこちらからダウンロードできます。
※下記に本文を掲載いたします。このマニュアルは、当団体ホームページのトップページからもダウンロードできます。

【NPO法人ぎふ多胎ネット 新型コロナウイルス感染症防止対策マニュアル】

1、 実施体制
(1) 感染症防止対策の対策実施責任者は理事長とする。
(2) 支援事業を実施する際は以降の項目を徹底するよう、スタッフに文書を配布し周知する。
(3) 事業の参加者やスタッフの氏名と連絡先を把握する。
(4) 事業の参加者やスタッフの健康状態を把握する。
    (37.5度以上または平熱日1度越えなどの発熱、息苦しさ、強いだるさ等)

2、 事業について
(1) 当該事業の開催について、必要性を充分検討する。
(2) 大声の発生、大勢での歌唱、声援が想定される事業は実施しない。
(3) 屋内で、呼気の上がるような運動を伴う事業は実施しない。
(4) 当面の間、人と人との距離を確保できる参加者数とする。
(5) 飲食を伴う事業は実施しない。(水分補給は除く。)

3、 事業運営にあたって
(1) 参加者間の間隔を確保する。(できるだけ2メートル。最低1メートル。)
(2) 入場の際は混雑が予想されるため、床にテープで目印をつけ、適切な間隔が保てるようにする。
(3) 適切な参加人数とする。
    ・研修会等では、指定席化や座席間隔を確保するなど参加者同士の間隔確保を徹底する。
    ・参加者同士の間隔が確保できるよう参加人数を設定する。
(4) 参加者およびスタッフの健康確認
    ・会場の入り口で参加者の氏名、連絡先、健康状態、体温をシートに記入してもらう。
    ・参加前に自宅で検温し、37.5度以上または平熱比1度越えの方には参加を控えてもらうよう徹底する。
    ・息苦しさ、強いだるさやその他感冒に似た症状のある方に参加を控えてもらうよう徹底する。
    ・途中で体調が悪くなった場合は、すぐに申し出て帰宅してもらう。
     その際、新型コロナウイルスの検査で陽性だった場合は直ちに事務局まで連絡をしてもらうよう徹底する。
(5) 参加者及びスタッフはマスク着用とする。
    (未就園児は除く。また、熱中症の危険のある場合は、安全に配慮しながら適宜マスクを外すなど、配慮する。)
(6) 参加者及びスタッフの手指消毒の徹底をする。(会場入口に手指消毒液を置く。)
(7) 換気の徹底をする。(30分に1回以上、数分間の窓開け。2方向の窓開け。換気扇の常時稼働など)
(8) 感染症対策に向けた参加者への呼びかけをする。(ソーシャルディスタンスの確保、マスク着用、手指消毒の徹底等)
(9) 廃棄物対策
    ・鼻水、唾液のついたゴミはビニール袋に入れ密閉して持ち帰りを徹底する。
    ・ゴミ回収者はマスクや手袋を着用する。
    ・マスクや手袋を脱いだ後は石鹸と流水で手洗いを徹底する。
    ・トイレの蓋を閉めて汚物を流すことの徹底を呼びかける。
(10) 授業開催時に使用した机椅子などの備品、おもちゃ等は開始時と閉会時に消毒を徹底する。

4、 スタッフについて
(1) マスク着用、手洗い手指消毒の徹底、健康管理の徹底をし、衣服はこまめに洗濯交換する。
    (スタッフにはマスク、手指消毒液を配布し、事業の際に使用できるよう準備する。)
(2) 本人及び家族が体調不良の場合は事業に参加しないようにする。
(3) 日ごろから3密などリスクのある場所への移動を出来る限り控える。
(4) 事業の参加者に体調異変者が発生した場合は、防護対策を講じた上で速やかに別室に隔離するようにする。

※このマニュアルは、令和2年7月1日から適用する。なお県内の状況により改定を行うものとする。

赤ちゃん訪問に行ってきました

赤ちゃん訪問に保健師さんと行って来ました。
保健師さんは、市を越えた実家への訪問もしてくださいます。早め​に小さく産まれる多胎児の親にとって、こまめに訪問して体重を測​ったり発達をみてくれたりと赤ちゃんの成長を一緒に確認して喜ん​でくれる存在はとても大きいと思います。
自宅に帰ってからの育児のことについては、私たち多胎ネットのス​タッフが、色々なパターンの提案ができます。

今日訪問したふたごちゃんのお母さんは、インターネットの情報か​ら工夫してベッドメリーを折り紙などで手作りされてましたよ。
ベビーたちもキラキラ光る飾りをよく見つめていました♪
(写真に写っていない相方ちゃんは、おじいちゃんが抱っこしてく​ださってました)

 

とても幸せそうなご家族のようすに、こちらも幸せになりました(​*^^*)

11月29日 大垣市保健センターの4ヶ月健診サポート対応をしました

大垣市、多治見市、岐阜市では多胎児健診サポート行っています。​
ふたごちゃんみつごちゃんは健診に来るのも大変。そこで、駐車場​からサポートして一緒に健診会場を回ります。この日は3組のふた​ごちゃんの健診がありました。

健診の移動のお手伝いや服の脱ぎ着のお手伝いで、健診がスムーズ​に受けられます。
同じ月生まれのふたごちゃん同士、話が弾みます。

ちょうど開催中のふたごちゃんみつごちゃんの育児教室にもお誘い​。

健診の待ち時間に先輩ママであるサポーターに相談したり、体験談​を聞いたりできます。

ふたごちゃんや上の子を見ていてもらえるので、保健師さんのお話​もゆっくり聞けます。

多治見市の赤ちゃん訪問と健診サポートに行ってきました

赤ちゃん訪問も健診も、赤ちゃんを育てているママにとって、保健師さんに赤ちゃんのことや自分の身体のことで気になっていることを直接聞ける良い機会です。
ふたごちゃんのママは、赤ちゃんが二人いることで、二人の様子が気になって、落ち着かず、聞きたいことが聞けないこともあります。
質問の糸口を見つけたり、赤ちゃんをあやしたりして、話しやすい雰囲気を作るのも多胎ネットスタッフの役割です。

すべての家族が安心して子育てできますように!みんなスクスク育ちますように!

赤ちゃん訪問事業・健診サポート事業(4か月児・10か月児)

ぎふ多胎ネットでは、大垣市と多治見市から委託されて、保健師さん同行での赤ちゃん訪問事業や健診サポート事業(4か月、10か月)を行っています。

一般的な単胎の妊娠とは明らかに経過が違う多胎の妊娠出産期を終え、実際に育児に突入した産後1~2か月の頃の訪問が、赤ちゃん訪問です。
40週よりも早く、2500gより小さく産まれる多胎の赤ちゃんはNICUに入ることが多いです。そして、その子その子の状態により、退院時期がずれることもあります。

「一人先に退院してきてお世話してみて、もう一人増えても何とかなるかも!と思っていました。…でも、実際にもう一人退院してきたら、えらくて辛くて、何ともなりませんでした。こんなに大変だとは想像はできませんでした」
「この状態(二人分の頻回の授乳とオムツ替えなどのお世話)は、終わりは来るのですか?いつか変わりますか?」
「二人を産んだはずだけど、本当に自分が産んだとまだ信じられない」
「二人分の授乳のことを考えたらお出掛けなんて考えられない」
「(アパートの2階から)どうやって二人を安全に車まで連れていけるかわからない」
「ずっと同じことばかりしている」
「(様々な理由から)一人母乳、一人ミルクに。母乳の子ばかり抱っこしている。平等にできなくて辛い」

…ママからは、こんな声が聞かれます。誰かに聞きたくても、自分の身支度すらままならず出かけられない時期で、誰にも聞けません。この授乳地獄(本当にそう思えるのです)が、永遠に続くような気がしてしまうのもよくあること。

そんな時期、一つひとつママができていることを数え、背中を押し、赤ちゃんやママの身体の心配にも応えてくれる保健師さんと、体験してきたからこそ、心から寄り添えるピアである多胎ネットスタッフの出番です。

多胎育児のコツやお出かけの方法も伝え、多胎ネットの育児教室や多胎サークルなどに出て来てもらえるようアプローチ。出て来てさえもらえば、後は必ずママたちは成長していきます。

このような健診サポートが、全国で当たり前に行われるようになりますように(*^^*)

赤ちゃん訪問事業・健診サポート事業(4か月児・10か月児)

赤ちゃん訪問事業・健診サポート事業(4か月児・10か月児)