NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
その他のお知らせ

豊田市のみつご虐待死事件について

豊田市のみつご虐待死事件について、当団体の理事長からのお願いです。

以下、長文ですが、どうか読んでいただけると幸いです。
理解していただけるみなさまの声がどうか届きますように。
また、当団体のFacebookに多くの方からご質問いただきました「署名運動」について、ただいま事務局にて準備中ですので、システムが出来上がり次第、当団体のホームページとFacebookで発信していく予定です。今、しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

下記の新聞記事は、『3月16日(​土)​朝日新聞朝刊』より該当部分を抜粋しております。



==================================================================================

みなさま

上の記事の豊田市でのみつご虐待死裁判が3月4日から連日ありま​した。15日の判決まで、毎回、傍聴してきました。
そこでは、誰にも頼れず、やっとの思いで発信したSOSも見逃さ​れ、孤立した中で、1800g、1800g、1000gほどで産まれたみつご​を懸命に育児してきた被告の壮絶な生活が明らかにされました。
一番小さく産まれ、ミルクの吐き戻しが多くてなかなか大きくなら​ない次男を大きくしようと懸命に頑張っていました。睡眠時間は1​日1時間でした。みつごのそれぞれに1日8回、24時間で最低2​4回の授乳をしていました。ボロボロでクタクタの体で育児と家事​を懸命にしていました。疲れ切っても眠ることもできず、彼女は次​第に心を病んでいきました。

判決は実刑3年6ヶ月。
誰の助けもなく、気持ちが共感してもらえる誰とも繋がるチャンス​がなく、孤独で、疲労困憊して鬱病になっていたのに、「情状酌量​の余地はない」という判決です。

ぎふ多胎ネットは、これまで「多胎家庭の現状」と「支援の必要性​」を社会に伝え、どんな人にも多胎支援が届くよう、医療や行政と​連携しながら活動してきました。「誰かの助け、仲間の支えがなけ​れば、多胎育児は誰がやっても疲弊して倒れてしまう」ことを自ら​の経験や多くの研究からわかっているからです。

この判決は、それを根底から覆すものでした。到底、納得できませ​ん。
残された2人のお子さんは今、2歳。乳児院に預けられています。​3年6ヶ月の実刑判決通りになれば5歳半まで母親に会うこともな​く育つことになります。幼児期の大切な時期に母子分離をして何に​なるでしょう。
彼女は発作的な自分の行動を深く反省し、後悔しています。彼女に​とって、茨の道である2人のお子さんを育てながら生きていく覚悟​をしています。毎日、子どもと向き合い、育てていくことが、彼女​の一番の償いになるのはないでしょうか。

ぎふ多胎ネットは、多胎支援団体としての立場から、多胎家庭の現​状が理解され執行猶予付き判決が下されることを求めたいと思いま​す。
毎日、休みなく、24時間、それをずっとやらなければならない多​胎児の母親がどんな暮らしをしているのか、どんな気持ちになるの​か、裁判官の方々にわかっていただきたいと思います。

ご賛同くださる方は、どうぞ、応援をよろしくお願いします。

豊田市のみつごちゃん虐待死事件について、彼女の思いがどうなのか疑問を持っておられる方や、今後の子育て環境を心配されている方などの意見を拝見しましたので、追加記載します。

なお、一審の時、このお母さんは保釈されていて、心療内科とカウ​ンセリングに通っていました。
また、今後は実家に戻って育児をしたいという希望を述べられ、お​子さんの帰宅については、児童相談所と相談しながらまず面会から​進めていくそうです。児童相談所との間では、職員との面接を重ね​ており、3月中にお子さんとの面会が実施される予定ということで​した。
家に戻すタイミングは、このお母さんの状況をみて、児童相​談所が考えると思いますので、すぐにこのまま2人のお子さんが家​に戻るということではないと思います。まずは、会って親子の絆を​取り戻すところから始まるそうです。またご実家のお父さんが証言​にたたれ、きょうだいも含め、家族全員で支えて一緒に育児をする​とお話されていました。
なお、実刑判決が出たことで、このお母さ​んは、今はどこかの施設に収容されていると思います。

NPO法人ぎふ多胎ネット理事長 糸井川誠子

「ツインズ・デー」のフォトギャラリー紹介

平成22年2月22日に設立された 一般社団法人 日本多胎支援協会(JAMBA)が2が5つ続くので、「ふたご」ツインズデーとしています。この日を記念して、妊娠あるいは育児中のママが見て元気になるような写真(かわいらしい写真)を募集しています。

※詳細は、JAMBAホームページ2019年2月14日の記事をご覧ください。

 

また、JAMBAのホームページ(http://jamba.or.jp/)には、フォトギャラリー(http://jamba.or.jp/photogallery/)もあり、全国からご応募いただいた写真を見ていただくこともできます。

 

下の写真は、その一例です。タイトルは『双生児がソーセージで乾杯!』

皆さん、いい笑顔です!

ふたごちゃんたちが、健やかに元気に成長し、そしてママたちが明るく元気に過ごせますように!!

ツインマザークラブ(多胎児の親の会)愛知地区 第24回手をつなぐネットワーク集会のお知らせ

ツインマザークラブ(多胎児の親の会)愛知地区 第24回手をつなぐネットワーク集会が開催されます。

この会は、ハンディがあるお子さんがいらっしゃる多胎児親子の遊びと、情報交換会を主な内容としています。

午前中は、参加者一緒のお楽しみ会、午後は、大人はアドバイザーの先生方を囲んでのしゃべり場、子どもたちは、中部大学のキャンパス内で、看護・教育系の大学生のお兄さん、お姉さんたちと遊びます。ぜひ、ご家族皆様でお出かけください。

日程:10月7日(日)10時半~15時半(受付 10時~)

場所:中部大学春日井キャンパス 生命健康科学部(受付 1階)

交通アクセス:中部大学ホームページ参照 http://www.chubu.ac.jp/location/

アドバイザー:

浅野みどり先生(名古屋大学医学部保健学科教授)

杉浦太一先生(岐阜大学医学部看護学科教授)

山田知子先生(中部大学生命健康科学部 保健看護学科教授)他

参加費:会員無料。会員以外は一家族 千円

託児費:お子様お一人 800円(託児にかかる実費)

参加申し込み締め切り:

<託児なしの場合> 当日参加も可能。準備のため、事前にお申込みいただけると助かります。

<託児ありの場合> 9月22日(託児は人数に限りがあります。定員になりますとお断りする場合があります。予定が分からない方は先に仮予約をお入れください。)

 

詳しくは、下記のチラシをダウンロードしてご覧ください。

tirasi0910

 

中津川子育て支援センターの9月予定が出ました

8月も暑い日が続きましたね!残すところ1日。

いよいよ9月が始まります。初日から天気はあまりよくないみたいですが、残暑も厳しそうですね。

体調、お気を付けください。

 

中津川子育て支援センターの9月の予定が出ました。

下記をクリックし、PDFファイルをダウンロードして下さい。

 

ほっとけーき

どーなっつ

未就園児

お近くの方はぜひ遊びに行ってみてください。

 

中津川子育て支援センター 8月分カレンダー(ほっとけーき どーなっつ)

中津川子育て支援センターのほっとけーき、どーなっつの8月分カレンダーが公開されました。

下記のリンク先をクリックしてご覧ください。

 

ほっとけーき

どーなっつ

裏面

 

お近くの方はぜひ遊びに行ってみてください。

中津川子育て支援センター 7月の予定(ほっとけーき・どーなっつ)

中津川子育て支援センターほっとけーき・どーなっつの7月分予定が届きました。
7月18日(水)ふたごちゃんの会(9時30分~12時30分、13時~15時)の開催もあります。

詳細は、下記PDFファイルをご確認ください。
ほっとけーき
02_namatu_h

どーなっつ
01_nakatu_d

未就園児対応、園交流
03_nakatu_u

お近くの方は、ぜひ遊びに出かけてみてください!

中津川子育て支援センター ほっとけーき 6月分カレンダーが公開されました

中津川子育て支援センター ほっとけーきの6月分カレンダーが公開されました。

詳しくは、下記のリンクをクリックして、6月分の予定をご確認ください。

http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/kosodate/calender/?y=2018&m=6

多胎児サークル「G・ツインズ」の30年度の活動予定チラシが出来上がりました

岐阜市を中心に活動されている多胎児サークル「G・ツインズ」の平成30年度の活動予定チラシが出来上がりました。

岐阜市近郊にお住まいで、多胎児を妊娠されている方、子育て中の方、ぜひお友達作りの場として、気分のリフレッシュをはかる場所としてご活用ください。

活動予定の日程、場所、年会費など詳しい内容は下記のアドレスよりご覧ください。

<30年度の活動予定等が書かれたチラシ>

https://gifutatainet.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/G_____.pages.pdf

 

このチラシに関するお問い合わせや、「G・ツインズ」の活動に参加されたい方のお申し込みは、下記までお願いします。

お申し込み・お問い合わせ:mailto:gtwins_gifu@yahoo.co.jp

ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/gtwins_gifu