NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
その他

「多胎支援の一歩〜ピアサポーター養成​講座を受講して〜」

この文章は、岐阜県外に現在お住まいで、ピアサポーター養成講座を受講された双子のお母さんが書かれたものです。ありのままのお母さんの気持ちを知っていただきたいので、いただいた原文のまま掲載しています。

なお、個人情報の観点から、実名は伏せてありますのでご了承ください。

下記の線以降が、いただいた文章です。

===========================================================================

「快適なマタニティライフでしたか?」
「赤ちゃんの双子ってかわいいから楽しく育児できるね?」
これは実際に私が 0 歳児育児をツライと感じている時に聞かれたことです。
いい母親でありたいと思ったであろう私は当り障りなく返答しましたが、実際は「NO」でした。

わが子はおなかにいる時からかわいいです。
かわいくて仕方がないです。
でもその気持ちだけでカバーできないほど多胎妊娠・出産・育児はツライ事が多いものでした。

私は地元を離れ岡山県で暮らしています。
双子を妊娠し「何とかなるだろう」という気持ちと夫にも父として自覚してほしかったのもあって里帰りをしませんでした。

両家の実家は遠方、知り合いも頼れる人も少ない、夫は協力的でとても理解はありますが仕事が多忙で不在がち・・・そんな中、出産・多胎育児が始まりました。

わが子はかわいい、なのになぜこんなにツラいの?私はダメなママだ「ごめんね。」
何度、子供たちにそうつぶやいたかわかりません。
「何とかなるだろう」そう思っていたのに同時泣き・同時授乳・オムツに沐浴プラス家事、自分の時間はなく睡眠不足でどんどん自分が壊れていくのがわかりました。

何度も何度も「もうダメだ!もう無理!」と思いました。
そんな時に頑張ることができたのは私を支えてくれた人たちの存在です。

偶然知り合った方に「双子って大変、私手伝うわ」と声をかけてもらい双子育児を手伝ってもらったこと
同じ双子を育てているママ友になかなか直接会えなくても「頑張ろうね!」とメッセージをやりとりして励ましあったこと。
散歩や買い物中に会う近所の人や店員さんも「かわいいね!頑張れ」と応援してくれたこと。

そういった人達の支えがあって今の私があります。
ただただ話を聞いてもらえるだけでどんなに救われたことか。

こういった経験からこれから多胎のママになる人に同じ思いをしてほしくない!
どうしたらママ達が追い詰められず多胎育児を迎えられるか?
私の経験を生かして少しでも心身の負担が軽くなってほしい!

そんな思いで何か出来ないかと考えるようになりました。

実際に何かする前に自分自身が知識を身につけなくてはと思い、ぎふ多胎ネットさんの開催している多胎育児ピアサポーター養成講座を受講しました。

ピアサポーター養成講座の受講者は小学生や中学生の大きなお子さんがいるママが多いかと思っていました。しかし私と同じ未就学児の多胎児を育てている方が多くて驚きました。
自分の育児も大変な中「私にもできることをしたい」「自分が大変だった時にピアサポーターさんに助けられたから今度は私の番だと思った」といった私と同じ思いで参加されている方ばかりで感動しました。
そして、皆さんの優しさに安心した気持ちになりました。

講座に参加された方の話やぎふ多胎ネットさんの活動を聞いて私も岐阜で出産・育児がしたかったなぁと岐阜の多胎ママ達がうらやましく思いました。

実際に参加して多胎妊娠の知識はもちろん身に付きましたし、他のママ達の経験談をたくさん聞くことができ、やはり多胎育児は妊娠中からサポート必要だと確信しました。

そして何より岐阜でピアサポーターとして活動することが難しい他県在住の私を快く受け入れてくださり、私の思いに心を寄せて聞いてくださったことに心が動かされました。

ピアサポーターの講習を受け、現在住んでいる地域で多胎プレママ教室を開催しよう!と考え行動を始めました。
しかしこれが難航しました。
多胎という多胎だけを対象したイベントは集客が少ないであろうという理由で協力が得られなかったり、大きな組織を個人で協力してもらえるように動かそうとすることは高い壁でした。

まず何かを始める・・・それすら出来ないそんな状況を救ってくれたのも同じ多胎ママでした。
「大きな所とできないなら、私たちでやろうよ。地元の多胎サークルと共同できっとできるよ」
「これから始めようとしていることはきっと誰かの救いになるよ!」「私もお手伝いするよ!」
と心強い言葉で救われました。

私の中で協力してくれているママ友も多胎育児真っ最中です。私は多胎育児を支えたいと思っているのに協力してくれているママ達に負担をかけるのは本末転倒だと考えていました。
しかしこの言葉で頼らせてもらおう!でも無理なことは無理と言ってもらえる信頼関係を築いていこうと考え直し再スタートをしました。

たくさんのママ友や多胎サークルの方からの協力を得て「多胎出産経験者とおはなし会」というイベントを開催する運びとなりました。

大きなイベントではありませんがこれが私たちの第一歩です。

私の「自分が大変だったから他の多胎ママの助けになりたい!」その思いと直感だけで動く私に協力・応援をしてくれる夫や仲間のママ友のみんな、多胎育児に関わる人、私の育児を支え背中を押してくれた方々には感謝しかありません。

このステキな出会いを大切にしていきたいと強く思います。
双子を妊娠し出産して諦めたことも正直たくさんありますが得たものもたくさんあります。

私は普通の双子の母親です。
双子だからと悩み、泣いたり笑ったりして育児をしています。
でも「ママは双子だからこそのあなたたちと過ごす大切な時間を最大の武器に色々頑張ってるのよ」と泣いたり笑ったりしている姿をみせて、いつか「ママかっこいいじゃん」と言ってくれる日を夢見ています。

まだまだ走り出したばかりの夢ですが一歩ずつ進んでいきたいと思います。

この思いが全国に広がり多胎ママが少しでも過ごしやすい優しい環境になることを祈って・・・・。

【締め切りもうすぐ!!】『子育て相談コーナー』で日ごろのお悩みスッキリ!(多胎!ファミリーフェスタ2017参加申し込み受付中!)

日頃の多胎ネットの支援と言えば、『ふたご、みつご育児経験者の経験してきたからこそできるアドバイス』というのも売りなんですが、多胎!ファミリーフェスタでは中部学院大学 看護学科 留田由美先生による【子育て相談コーナー】を設けております。

小児科の看護師の臨床経験を持ち、社会福祉士と高等学校教員免許取得。

現在大学では子どもとその家族のケア、看護教育や歴史について研究されています。

ご自身もお二人の息子さんの育児経験をしているため、専門家としての視点、ご自身の育児経験を生かした子育てアドバイスをしていただくことができます。

 

日頃育児で気になっていること、相談したいことがありましたら、お気軽に【子育て相談コーナー】をご利用ください。

 

写真は過去の子育て相談ブースコーナーの様子です。

個室で行いますので、安心してご相談いただけます。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
締め切り間近!『多胎!ファミリーフェスタ2017』のご案内(^^♪??

日時:12月9日(土)
10:00~13:00(受付 9:20~)

場所:中部学院大学 関キャンパス 10号館&11号館
〒501-3993 関市桐ヶ丘2丁目1番地
(駐車場は 桐ヶ丘幼稚園 となりの学生駐車場をご利用ください)☆ナビ設定は「桐ヶ丘幼稚園」にすると便利です。

共催:NPO法人 ぎふ多胎ネット / 中部学院大学短期大学部

多胎!ファミリーフェスタ 2017 チラシのPDF

★お申し込みは
①FAX:0572-24-2322(糸井川)
②メール:daisuki.4rtaa@gmail.com(山口)
③ぎふ多胎ネットホームページ:http://gifutatainet.co./

★お問合せは
フェスタ実行委員会 山口靖子(携帯)090-7674-8365
今後、フェスタについての詳しい情報をホームページで案内させていただきます。
ぜひチェックしてくださいネ(*^▽^*)

【駐車場について】
中部学院大学 関キャンパスには2カ所の駐車場がありますが、当日は関市立関商工高等学校の南側、桐が丘幼稚園の東側にある【学生第一駐車場】に駐車していただきますようお願いします。

★ナビ設定は「桐が丘幼稚園」にすると便利です。

 

仮想理事会を開催しました(10月4日)

ぎふ多胎ネットは今年度、東海労金さんから「NPO組織基盤強化助成」を受けています。

10月4日(水)岐阜県立看護大学にて、「ぎふ多胎ネットの今後」を考えるため「仮想理事会」を開催しました。

仮想理事として、momoの木村さん・小池さん、日本政策金融公庫の加藤さんがお越しくださいました。

現状(進捗状況)報告のあと、仮想理事の皆さまから、様々なご指摘やアドバイスをいただきました。

ぎふ多胎ネットの「売り物」は何であるのかを考える上で、当事者を中心とした相関図の作成が有効であること、企業の協力を得るためには、支援メニュー表を通して事業内容を説明するだけでなく、当事者の代表的な困りごとと事業を結びつけて説明するといったアピール方法があるなど、教えていただきました。

あっという間の2時間で、とても有意義な時間となりました。ありがとうございました。

仮想理事会終了後、県立看護大学の服部先生のお誕生日記念に「ペルシャンブルーの猫」をプレゼント。とっても喜んでいただけました!

多胎の『プレパパママ教室』開催のお知らせ(西濃会場・7月9日)【無料】

西濃地区の「プレパパママ教室 」が開催されます。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○

喜びいっぱいの多胎妊娠、でも、情報が少なくて不安…。
多胎妊娠・出産・育児ではパパママだけでなく、おじちゃん、おばあちゃんも「情報が欲しい」「どんなサポートができるのか」「実際に多胎妊娠・出産・育児をした人の声が聞きたい」…という思いから、プレパパママと一緒にプレおじいちゃんおばあちゃんも一緒に参加されることがよくあります。
多胎先輩パパママが経験したからこそ伝えることのできるいろんな話を、プレパパママ、プレおじいちゃん・おばあちゃんにお伝えし、安心して出産・育児をしてもらえるようにサポートいたします。
また、一緒に参加されている他のプレパパママファミリーとも出会えるのも心強いかと思います。
これから迎える多胎出産・育児のために、ぜひぜひ参加していただきたいのがこの「プレパパママ教室」です。

身近に多胎妊婦さんがみえましたら、ぜひぜひこの「プレパパママ教室」をご紹介いただけたら…と思います。
参加費用は無料です。

 

日時:7月9日(日)
13:30~15:40
場所:南部子育て支援センター(大垣市外花6-45)
対象:ふたごちゃん・みつごちゃんを妊娠中のご夫婦、ご家族の方
内容:●ふたご・みつごの妊娠・出産について
(岐阜県立看護大学 服部律子先生、ひよこ助産所 吉良光代先生 他)
●入院生活と出産について
(地域の病院の助産師さん)
●ふたご・みつご子育て中の先輩パパママとの交流会

詳しくはチラシをご覧ください。
多胎のプレパパママ教室 チラシのPDF(表)PDF(裏)

「多胎家庭白書2」が出来上がりました。

いよいよ全国の官公庁や大学、周産期センターに発送です。その数900。

春休みということもあってサポーターさんの子どもたちも入れ替わり立ち替わりお手伝いしてくれ、早朝からの作業も日が暮れる頃、ようやく終わりました。
お手伝いしてくれたみんな、ありがとう!

『多胎!ファミリーフェスタ 2016』 開催のお知らせ♬(11月26日)

【今ならまだ受付大丈夫です!!】

ふたごちゃん みつごちゃん 集まれ~♪

『多胎!ファミリーフェスタ 2016』 を 開催します。

みなさん、ご家族でご参加くださいね。

 

日時:11月26日(土)

《午前の部》10:00~11:30(受付 9:30より)

《午後の部》13:00~14:30 (受付 12:30より)

 

場所:中部学院大学 関キャンパス 10号館&11号館

〒501-3993 関市桐ヶ丘2丁目1番地

(駐車場は 桐ヶ丘幼稚園 となりの学生駐車場をご利用ください)

☆ナビ設定は「桐ヶ丘幼稚園」にすると便利です。

 

参加費:一家族につき 1日券 1,000円 / 半日券 600円(午前・午後ともに)

 

託児:子ども1人につき 300円

 

託児の申し込みしめきり:10月31日(月)

ベビーヨガ・親子体操の申し込みしめきり:11月18日(金)

 

共催:NPO法人 ぎふ多胎ネット / 中部学院大学短期大学部

関市 ときめき・きらめき・いきいき市民活動助成金事業

 

多胎!ファミリーフェスタ 2016 チラシ(表)(裏)

 

★お申し込みは下記の方法で

FAX:0572-24-2322(糸井川)

メール:miymam816@yahoo.co.jp(杉原)

今後、フェスタについての詳しい情報をホームページで案内させていただきます。
ぜひチェックしてくださいネ(*^▽^*)

 

【駐車場について】

中部学院大学 関キャンパスには2カ所の駐車場がありますが、当日は関市立関商工高等学校の南側、桐が丘幼稚園の東側にある【学生第一駐車場】に駐車していただきますようお願いします。

★ナビ設定は「桐が丘幼稚園」にすると便利です。

伝えるコツセミナーに参加しました(11月2日)

岐阜市のみんなの森ぎふメディアコスモスにて開催された、
ぎふNPOセンター主催「伝えるコツセミナー」に参加してきました。
NPOの広報力アップのため、広報のプロからコツを学べるセミナーです。

伝えるコツセミナー(11月2日)」

当日は、ヤギのキャラクター(=ヤギヤマくん)が表紙のテキストをもとに、
「誰に」「何を」伝えたいのかの整理や団体スローガン作りのコツを学び、
最終的にグループで自団体のスローガン作りに取り組みました。

とてもわかりやすく充実したセミナーで、長い時間もあっという間に
感じました。
ちょうど改訂を検討していたリーフレット類の作成などに活かして
いきたいと思います!

キッズピアおおがきの開所式に出席してきました(^o^) (10月3日)

10/3(月)、キッズピアおおがきの開所式に出席してきました(^o^)

キッズピアおおがきの開所式

キッズピアおおがきの開所式

大垣市長、大垣市議会議長のあいさつの後、興文幼稚園の5歳児による歌と躍りの披露がありました♪
そのため、幼稚園児の保護者の方もたくさん(*^▽^*)
大垣市議のみなさんや地域の方々の他にも、子育て支援団体(保育園や他のNPO法人など)の関係者も出席されていました!

キッズピアおおがきの開所式
場所は大垣駅南口からすぐの建物(スイトアベニュー)の2階です。
エレベーター、もしくは南に隣接するスイトテラスの階段で上がります。
エレベーターの出入り口幅は横並びのベビーカーにはギリギリな印象。
双子の母としては気になってしまいますf(^_^)

“キッズピアおおがき”そのものの入り口はとても広く、ベビーカー置き場も充実していました。
おもちゃ(木製のものが多かったです)や絵本もたくさん備えられていました。
お父さん向けの雑誌もありましたよ♪

キッズピアおおがきの開所式

キッズピアおおがきの開所式

キッズピアおおがきの開所式

キッズピアおおがきの開所式

電子レンジや湯沸かし、授乳室があるので、小さなお子さんと一緒に安心してお出かけできる場所だと思います。
相談室や託児室もありました(託児は有料です)。

ただ、駅から近いとはいっても雨の日は傘が必要な距離。
アーケードがあるといいなぁ、と思うのは贅沢でしょうか(^o^;)

 

『財団法人シンポジウムin名古屋』(9月10日)

9月10日土曜日、名古屋市中京大学にて、『助成財団シンポジウムin名古屋』が開かれ、支援事例報告として理事長の糸井川が、昨年より助成金を頂いている『東海ろうきんNPO育成助成』の成果について発表しました。

助成財団シンポジウムin名古屋
助成財団関係者やNPO関係者が集まり、松原明氏の基調講演を含む交流会には50名程の参加がありました。助成事業の成果報告といった形ではありましたが、参加者に、『ぎふ多胎ネットの活動』を知ってもらう機会になり、参加者には、「授乳が半端ない!」「ふたり育てるって、大変そうだ!」と思ってもらえたようです。
今後も様々な場を通して、ふたごちゃんやみつごちゃんの子育ての様子を『知ってもらう活動』を行っていきたいと思っています。

助成財団シンポジウムin名古屋助成財団シンポジウムin名古屋

浜松サークル主催「多胎児ファミリー応援フェスタ」に行きました!(9月17日)

9月17日(土)に開催された「多胎児ファミリー応援フェスタ」に行ってきました。

会場は浜名湖競艇場サンホールです。広い会場にたくさんの多胎ファミリーが集まりました。
多胎児ファミリー応援フェスタ1
浜松市の多胎児サークル「ころころピーナッツ」主催のフェスタで、浜松周辺のサークルや子育て支援団体の協力のもと、開催されました。
午前は、フリーマーケットや工作・手芸の体験コーナー、こどもヘアカット、写真撮影、などなど、楽しいコーナーがたくさん!
「ふたごちゃんの生活」体験ゾーンでは、ふたごの1ヶ月に使うオムツの量やミルクの量の展示、ふたごの妊婦さん体験エプロンなどあり、目で見て体験して、納得のコーナーでした。
多胎児ファミリー応援フェスタ2
午後は、石川県立看護大学 大木先生による基調講演「多胎児家族を取り巻く現状と支援ネットワークのあり方」と、全国各地の多胎ネットや多胎サークルの代表によるパネルディスカッションがありました。
ぎふ多胎ネットからも理事長の糸井川が、パネラーとしてぎふ多胎ネットの妊娠期からの支援について発表しました。
多胎児ファミリー応援フェスタ3
来年6月には、日本多胎支援協会による全国フォーラムが浜松で開かれる予定です。
多胎ファミリーが子育てしやすい環境がますます広がっていきそうです!