NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
人材育成

スタッフ向け 事例研修会のお知らせ

事例研修会のお知らせ

スタッフの皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
夏休みも終わりに近づきましたが、暑い日が続きますね。

事例研修会の日程が下記のように決まりました。既に一斉メール配信されています。ご都合を合わせてご参加ください。

1、2、3のどれかの会場にご出席ください。

1、11月8日(金)10:00~12:00 可児市マーノ2階研修会議室​
2、11月27日(水)10:00~12:00 岐阜県立看護大学
3、11月7日(木)13:00~15:00 高山市福祉センター

<申し込み>
締め切り:11月1日(金)まで。
方法:名前、参加会場を明記してメールでお願いします。
※欠席の場合も名前とその旨ご連絡ください。

※事例研修会(2、3の会場のみ)はドコモ助成金対象事業の一つです。1の会場については、可児市まちづくり助成事業の一つです。

6月13日 フォローアップ講座(高山会場)が行われました

にこにこ子育て教室のあと、会場を移して総合福祉センターにてフ​ォローアップ講座をおこないました。

新規サポーターも参加して、他の会場と同じく「違和感のアンテナ​を磨こう」をテーマに勉強しました。

最初に傾聴訓練を2人1組でおこなったあと、あるサポートのロー​ルプレイを見て、付せんに書き出しながら情報を整理し、違和感を​覚えたところ、どのような質問をしたらいいかなど、意見交換をし​ました。

さらに、ロールプレイをもとに報告書を書いてみて、ポイントを確​認しました。

最後の振り返りで、ピアサポート、また傾聴とは何か、自分の中の​心構えについて深く話し合いをおこなうことができ、多くの気付き​があった講座となりました。

6月7日 フォローアップ講座(羽島会場)が行われました

6月7日、激しい雨の降る中、岐阜県も梅雨入りしましたが、フォローアップ講座と総会が行われました。

9時半からの総会では、昨年度の事業計画に対しての実績と成果、今年度の事業予定、会計報告をしました。

引き続き、10時からフォローアップ講座が行われました。2019年度新規サポーターさんも含めたくさんのメンバーが参加する中、6グループに分かれて行いました。

はじめにお互いの主訴を聞き合う、2分、4分のトレーニング。

その後、サポートに行った際のサポート内容のロールプレイング。

グループ内での気づき、さらに主訴を引き出す質問をグループで交流し、その後全体で発表しました。

その後、各自で報告書を書き、外してはいけないママの言葉を聞き逃さないこと、わかりやすい報告書の書き方など実践に基づいた内容でとても勉強になりました。
今までのサポートの中で報告書を書く際に疑問に思ったことを質問する人もいて、活発な意見交換ができました。

現場でのサポートで生かしていけるといいです。

フォローアップ講座 明日(6月7日)は羽島会場での開催です

ピアサポーター、コーディネーターの皆さま

フォローアップ講座の案内への返信ありがとうございました。
明日(6月7日)は、羽島会場の開催になります。
羽島会場での受講を希望された方は、あいにくの雨模様ですが、交通安全に気をつけて、お越しください。
9時30分から総会もありますので、そちらもよろしくお願いします。

<フォローアップ講座 開催スケジュール>
2.羽島会場 6月7日(金)10時~12時 岐阜県立看護大学(9時30分~10時 総会)
3.高山会場 6月13日(木)13時~15時 高山市福祉センター

※内容「傾聴スキルを磨こう」
こんな時、どう答える?違和感のアンテナを磨こう、健診サポート​や赤ちゃん訪問の時の質問の仕方、良い報告書の書き方

※フォローアップ講座はドコモ助成金対象事業の一つです。

6月5日 フォローアップ講座(可児会場)が行われました

6月5日に、フォローアップ講座(可児会場)が行われました。
15名のピアサポーター、コーディネーターのみなさんが参加しま​した。

始めに傾聴訓練で2分バージョン、4分バージョンなど話​を傾聴して1文で話の芯をとらえる、などの勉強をしました。
その後、ロールプレイを見てからキーワードを見つけながら報告​書を書く練習をしました。

グループごとに発表をして全体でシェアしました。

学んだことを実際のサポートでいかせるといいです。

フォローアップ講座 明日(6月5日)は可児会場での開催です

ピアサポーター、コーディネーターの皆さま

フォローアップ講座の案内への返信ありがとうございました。
明日は、可児会場の開催になります。
可児会場での受講を希望された方は、交通安全に気をつけて、お越しください。

<フォローアップ講座 開催スケジュール>
1.可児会場 6月5日(水)10時~12時 可児市NPOセンター
2.羽島会場 6月7日(金)10時~12時 岐阜県立看護大学(9時30分~10時 総会)
3.高山会場 6月13日(木)13時~15時 高山市福祉センター

※内容「傾聴スキルを磨こう」
こんな時、どう答える?違和感のアンテナを磨こう、健診サポート​や赤ちゃん訪問の時の質問の仕方、良い報告書の書き方

※フォローアップ講座はドコモ助成金対象事業の一つです。

5月26日 ピアサポーター養成講座(高山会場)が行われました

令和元年5月26日、高山市福祉センターでピアサポーター養成講​座が開かれました

今回、下呂市で1人、ピアサポーターが増えました!

下呂市のサポーターは少ないのでとても嬉しいです!

ピアサポートって?と講義していく中、自分の子供のことと重ねな​がら、傾聴する姿勢や、相手の気持ちを引き出すことの難しさを学​んだようです!

これから多胎家庭に寄り添いながら、ピアサポート活動を一緒にで​きることが、楽しみです!よろしくお願いします!

5月22日 ピアサポーター養成講座(可児会場)が行われました

5月22日、2019年度ピアサポーター養成講座(可児会場)が可児市NPO​センターにて行われました。
今回は県立看護大学の服部先生による「多胎の妊娠出産の基礎知識​」の講座でした。

改めて多胎と単胎の妊娠期や産後の違いを聞いた参加者からは「知​らなかった」「実は私の身体は危険だったんだ」という声や辛い思​いをした経験談が聞かれました。

服部先生が「妊娠出産育児期を家族で乗り切ることが大原則だが、​色々な家族のかたちがある現在、家族だけでなく「社会」が育てて​いくことも大事」だと、言われたように、私たちピアサポーターは​社会の一員として多胎家庭を支えていけるのです。

来週は、実際の活動でどのようにお母さんたちの話を「聴く」こと​が大切なのかを学ぶ「傾聴訓練」です。

今日は、既に他会場で「傾聴訓練」を終えた二人が、今回の講座の​受講をもって新規ピアサポーターと認定されました!
一緒に活動できる仲間が増えましたよ♪

5月15日 ピアサポーター養成講座(羽島会場) 2回目が行われました

5月15日、岐阜県立看護大学にて「ピアサポーター養成講座」の2回目を​行いました。
今回は1回目のメンバーに加え、一般社団法人あいち多胎ファミーユという団体の方を含めた6名の方の参加がありました。

5月8日1回目の「多胎の妊娠・出産の基礎知識」に引き続き、2回目の今回は、「ピアサポートと傾聴の効果について知ろう」で​す。

はじめに当団体の糸井川からピアサポートとは何かを学び、次にピアサポーターとして最も大切にしている傾聴の練習をしまし​た。
先輩サポーターと二人一組になり、悪い聴き方良い聴き方の違い、​主訴(相手が話の中でもっとも言いたかったこと)が分かる聴き方などのロールプレイをしました。

受講者の皆さんは、ロールプレイして色々なことを感じ取っていまし​た。

そして多胎妊娠・出産・育児の基礎知識を学び、傾聴訓練を受けた​3名が新たにピアサポーターとして誕生しました。

改元後、記念すべき令和初のピアサポーターです!

5月に入って、既に開催されているにこにこ子育て教室(岐阜会場)2回目から参加していきます。

これから一緒に活動できるのを楽しみにしていますね!

※ピアサポーター養成講座は、ドコモ助成金対象事業の一つです。

5月8日 ピアサポーター養成講座(羽島会場)が行われました

5月8日。
とても気候のいい中で、令和元年度初のピアサポーター養成講座(羽島会場)が岐阜県立看護大学にて行われました。

ピアサポーター養成講座は、ピアサポーターとして活動することができるようになるために必要な、一番最初に行う研修会です。
羽島会場には3名の方が参加してくださいました。

はじめに私たちの活動について簡単な説明を行った後、ぎふ多胎ネットの創設当時からお世話になっている岐阜県立看護大学の服部律子教授から多胎妊娠と出産について話をしていただきました。

自分の妊娠期・出産はどんな感じだったのか、どんな気持ちだったか、出産後はどんな状態で、どんな気持ちだったか・・・。
単胎児妊娠・出産と多胎児妊娠・出産はどう違って、どんなことがママに起こりやすいのかなどなど、自分たちの経験を思い出しながら、専門的な知識を学び、妊娠期や出産後に起こりうるトラブル、それに対してどんなサポートが必要なのかまで考えてみました。

今回参加された方の中には、このホームページでも何度か取り上げた三つ子ちゃん虐待事件を知って何か自分にできることはないか、と考えてくださった方もみえました。

ピアサポーター養成講座の第2回目は、傾聴訓練です。

 

 

※ピアサポーター養成講座は、ドコモ助成金対象事業の一つです。