NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
プレパパママ教室 in 中濃を開催しました(2月4日)

プレパパママ教室 in 中濃を開催しました(2月4日)

2/4日曜日の午後、美濃加茂市保健センターにて、今年度最後の「ふたごちゃん・みつごちゃんプレパパママ教室」を開催しました。

残念ながらママの体調が優れず欠席となった家族もありましたが、無事に開催することができました。(複数の胎児がお腹の中にいる多胎妊婦さんはお腹が張りやすくなります。お腹の張りは陣痛に繋がってしまうこともあるので、安静が必要です)

開始までの待ち時間には、妊婦体験用のジャケット(二枚重ね)をプレパパさんに身に付けて家事などの動作をしてもらったり、赤ちゃん人形を2体抱っこしてもらったりして「ふたごのパパになること」を実感してもらいました。

そんなプレパパさんの姿をプレママさんやプレジジババさんが写真に収める光景はとても微笑ましかったです♪

前半は、多胎の妊娠出産を多く扱う、長良医療センターの田口助産師、県立多治見病院の福士助産師の講義を聞きました。「どうして産前に入院になるのかよくわかった」「どうしてこのリスクが高いのかやっとわかった」「ふたごを妊娠している実感がわいてきた」などの声が聞かれました。

後半の交流会は、ママグループ、パパグループ、祖父母グループに分け、時間いっぱいまでおしゃべりしました。

ふたご育児に役立った便利グッズや車やベビーカーなどの「モノ」の話や妊娠中や産後のママやパパの気持ちやジジババの心配など「ココロ」の話など、話題は尽きませんでした。

先輩ママから「最初はご飯を座って食べた記憶がないほど大変だけど、今本当にふたごがかわいい」「びっくりするほど色々あるけど、喜びや楽しみの方が絶対にたくさんあります!」

先輩パパからは「ふたごが生まれるまで、知り合いが年賀状などで子どもの写真を使ってるのを見ても気持ちがわからないくらい子どもが好きではなかったのに、いざ生まれたら、自分の子どもだとこんなにかわいいんだと思い知った」「外出先のオムツ替えでは、よその単胎のお父さんには負ける気がしない(笑)」といったエピソードも聞かれました。

今年度のプレパパママ教室はこれで終了ですが、また来年度も同様に開催する予定ですので、県内の全ての多胎妊婦家族の方に参加していただきたいと思っていますので、宣伝よろしくお願いします♪

 

« »