NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
『多胎家庭白書2』報告会&事業報告会がありました(3月8日)

『多胎家庭白書2』報告会&事業報告会がありました(3月8日)

朝、窓をあけると3月とは思えない雪景色にビックリした3月8日、岐阜県立看護大学にて『多胎家庭白書2』報告会及び事業報告会がありました。

今回の報告会にはぎふ多胎ネットのコーディネーター、サポーターの他、行政の方、支援センターの方、助産師さんと、専門職の方にも多くご参加いただきました。

県内だけでなく、浜松からのご参加も~嬉しいかぎりです!

 

まずは、白書2&事業報告会の前にご参加くださったみなさまに理事長から、住友生命子育て支援事業 第10回「未来を強くする子育てプロジェクト」スミセイ未来賞の受賞の報告がありました。

 

続いて『多胎家庭白書2』の報告会

今回の『多胎家庭白書2』は、専門職向けの白書で、ふたご・みつご家庭290人の声(アンケート)から分析し、医療・保健・福祉の現場で望まれる支援がまとめられたものです。

白書に書かれていることは、ふたご・みつごを育てた親、祖父母当事者の生の声であり、参加してくださった専門職の方々にもその声をしっかりと届けられたと思っています。

 

次に事業報告会。

ぎふ多胎ネットが行っている支援サービスについて、今年度の実績と実施報告をさせていただきました。

 

私たちぎふ多胎ネットのコーディネーター、サポーターは自分の多胎妊娠・出産・育児の経験を活かし、これから多胎出産・育児を迎える多胎家庭をサポートしてまいりました。

しかし、私たちにできることには限界があります。

ですから医療・行政・地域保健・福祉・教育・保育などの分野の人たちと連携しながら地域ネットワークで支援していくことが必要です。

ぎふ多胎ネットはこれからも関係機関と連携し、多胎家庭の笑顔をみんなで支えていけるよう活動を続けていきます。

 

★今回の『多胎家庭白書2』と、昨年発行しました『ぎふ多胎家庭白書1』は1冊500円で販売しています。ご希望の方はぎふ多胎ネットまでお問い合わせくださ(ホームページの「お問い合わせ」からお願いします)。

 

 

« »