NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
第6回白書会議が行われました(11月9日)

第6回白書会議が行われました(11月9日)

11月9日、東京では木枯らし1号が吹いたそうですね。そんな寒~い今日、多治見市福祉センターにて第6回白書会議を行いました。

第6回白書会議

今日までの宿題がありました。
なぜ、多胎育児は大変だったのか?
という視点であげられた8つの要素(妊娠中の辛さや不安、遮断された状況で機械のような毎日、できていない感と自己嫌悪など)に関連する内容の記述を、アンケート記述データから拾い出してくることです。
今日はそのようにチェックしてきた記述を元に、それぞれの要素に関連する原因や背景をグループ毎に話し合い、なぜそうなってしまうのか仮説を立てました。
そして、その仮説をアンケートのどの項目を分析すれば証明できるのかを考えながら、アンケート項目と照らし合わせていきました。

 

第6回白書会議

最後に、今後どのようにまとめていくかを話し合い、3時間半に渡る白書会議は終了です。
終わる頃にはもう足先が冷えひえでした。次回はブランケットとカイロを持参した方がよさそうです!

今日の作業を引き続き行いながら、アンケート項目のデータを1番分かりやすく表すためにはどんなグラフがよいか、を考えてくるという新たな宿題も出ました。
アンケートのデータが仕上がってくる11月末から次回の白書会議までの1週間が、かなり大変な作業になりそうです
今回の白書で伝えたいことは何か・・?
が、だんだんと見えてくると思います

« »