NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com

第2回 白書会議 (6月15日)

今年度も東海ろうきんの助成を受け、「団体のビジョンを明らかにし、これに基づくミッションを遂行できる団体の基盤強化をすることで本気で社会を変えられる団体になる」取り組みがスタートしました。

ぎふ多胎ネットでは組織強化と並行して「団体のミッションのひとつ」である「多胎家庭への理解を広める」活動を更に進めるため、「ぎふ多胎家庭白書のダイジェスト版」を作成しています。

 

4月の新白書メンバー顔合わせに続き、6月15日水曜日10時から12時まで多治見市の「とうしん学びの丘エール」にて第2回白書会議を行いました。

妊娠中・出産時・0~1ヶ月・1~4ヶ月・4~10ヶ月・10ヶ月~2歳・2~3歳の各時期にママだけでなく、パパ、上の子、祖父母に何が起こっているのかを映像でイメージできるように言語化していきました。

それぞれのグループで活発な話し合いが重ねられ「上の子やパパも妊娠中からおよそ半年、バラバラな生活を強いられる」「2歳以降、急にパパに関する記述がなくなり子育てから仕事にシフトしている様子が見られる。子育てのお世話の段階は手が必要だから参加するが、本来パパの意見が必要なしつけの段階になると姿を消す。このことがママのイライラの原因なのでは?」など再分析による新たな発見もありました。

パパや上の子、祖父母にも視点を置いた新たな冊子ができそうです!

第2回白書会議

第2回白書会議

午後からは東海ろうきんの組織強化研修会の欠席者への伝達講習を行いました。

ろうきんの研修会にも参加して聞くのが2回目となったスタッフは「2回聞いとよくわかります!」と感激していました。

 

 

« »