NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
活動報告

『多胎!ファミリーフェスタ2017』を開催しました(*^^*)(12月9日)

今年も12月9日(土)に中部学院大学関キャンパスにて「多胎ファミリーフェスタ」を開催しました。

寒い日でしたがたくさんのご家族が朝早くから来場してくれました。
当日はスタッフ含めトータル70組以上の多胎ファミリーが集まってくれました。

 

毎年盛況のリサイクルコーナー👕👕

今年度もたくさんのリサイクル品を皆様から頂き、たくさんの洋服やチャイルドシート、ベビーカーなどが集まりました。


駐車場からリサイクル品を運ぶのに子供スタッフも頑張ってくれました。
今年もたくさんのリサイクル品の提供、ありがとうございました。

 

大学の学生さんによるあそびすとコーナー👦👧

こちらは毎年いろいろな催し物を「あそびすと」の皆さんが考えてくださりスタンプラリーをしながらまわることができました。
人気の高い「カプラ」今年も天井まで届くように一生懸命つむ子供たちがたくさんいました。
子どもえんにちコーナー🎳
子供スタッフが頑張ってくれた子どもえんにち。小さいお子さんに丁寧に説明をしてくれていました。
 
 
今年初のお昼寝アート📷
可愛いお昼寝アートスペース。スタッフ渾身の力作!たくさんの方が撮影会をしてくださいました。
相談ブース🐓🐤🐤
大学の先生に相談をできる機会。心配なこと疑問なことを聴いていただけてホッとした表情のママたちでした。
ベビーヨガ👶👶
講師自身も双子のママ。出産後緩んでしまった骨盤を締めるための体操。ベビーちゃんと触れ合いながらやる体操ですがかなり効きました!
オレンジリボンライダー🏍
今回、オレンジリボンライダーをお招きして撮影会を実施。
ライダーにビックリして泣いてしまう子やバイクにまたがりポーズを決める子。可愛い姿を撮影するパパママの姿にほっこりしました。
毎年好評のPOLAハンドマッサージ✋
日頃疲れの溜まっているママたちの至福の時間。気持ちよかった!!のお声をたくさん聴くことができました。
企業ブース🍞
ヤングビーナスさん・コープぎふさんにお越しいただき商品紹介をしていただきました
1階では今年もおいしいパンの販売がありました。甘い香りに誘われてたくさん買っていかれてました。
12時半より初めてのファミリーフェスタ音楽会🎹
たくさんの方が岡田先生の演奏に聴きいっていました。子供たちと一緒に歌えるようにと「さんぽ」を演奏してくださり大合唱。素敵な演奏会となりました。
たくさんの多胎ファミリーが笑顔があふれた会になりました。また来年も開催しますのでぜひご参加ください。

プレパパママ教室 in西濃を開催しました(12月10日)

「ふたごちゃん・みつごちゃんプレパパママ教室」を大垣市南部子育て支援センターにて開催しました。


自己紹介では、ふたごと聞いてびっくり。知識・情報がない。いろいろ調べた。などなど、私たちが経験してきた戸惑いを参加者のみなさんも感じているご様子。

その戸惑いや不安が少しでも軽減できるように、との思いで開催しているプレパパママ教室。先輩パパママからは「聞きたいことは全部聞いていってください」と心強い言葉もありました♪

講師のひよこ助産院の吉良先生から「ふたごの妊娠出産」についてのお話を聞きました。じっくりお話が聞けるのもこの教室ならでは(^^)

今回は、大垣市民病院の産科師長さんが参加してくださったので、早く生まれたり、小さく生まれたりした赤ちゃんの病院での対応などについて、詳しく聞くことができました。これから出産を迎えるみなさんの安心感につながったと思います。ありがとうございました!

休憩時間にはパパたちが双子妊婦を体験!妊婦シミュレータと胎児人形を組み合わせての重さに「これは重い。大変だ」との感想も。そうなんです!ただ重いだけじゃなく、足元は見えなくなるし、ふつうに生活を送ることが難しくなるんですよね(>_<)

パパのグループトークでは「まだ何が分からないのか分からない」といったお話も。

パパにとっては、赤ちゃん誕生前にいろいろ想像したり、実感するのは難しいことかもしれないですね。でも、何年後かには、先輩パパのような素敵なふたごのパパになられていることでしょうp(^-^)q

リサイクル品もたくさん!産後にお金がかかるので、もらえるものはもらっておいた方がいいよ!との話を聞いて、吟味して持ち帰っていらっしゃいました。

託児は先輩ご家族のふたごちゃん2組。4人でビーズのおもちゃに熱中♪♪♪

年末はつい大掃除をがんばって、母体に負担がかかるケースがあるそうです。例年よりも寒く感じる今年の冬。どうか無理せず、お過ごしくださいね。

『にこにこ子育て教室』in西濃を開催しました(12月1日)

12月に入り冷たい風が吹く中、西濃にこにこ子育て教室4回目が安井地区センターにて開催されました。12組の双子ちゃん、みつごちゃん家族が参加して下さいました。「最終回だから、(頑張って)来ました。」とおっしゃって下さる方もいて、楽しみにして下さっているのが分かり嬉しいです。

最初は、お子さん全員のお名前呼びから始まります。
小さい子はママやスタッフと一緒に  はーい。

大きい子の中には、上手に  は~い  。

手遊び、バスにのって~ と続きます。

ママのお膝の上じゃないけど、ノリノリで、ごぅ~ごぅ~  たのしいね~

今回のグループトークは、上の子がいる、いないチームに分かれ、話しました。どのグループもママ達のおしゃべりはとても盛りあがって、話は尽きません。

その間、お子さんはスタッフとおもちゃで遊びます。最終回ということもあり、お子さん達も好きなおもちゃで遊べました。

ぴょーん  と  だるまさんが  の絵本は、みんな大好きです。


仕事復帰を予定される方もいらっしゃいますが、また来年度、元気に にこにこ子育て教室でお会い出来るのをスタッフ一同楽しみにしています。12月に入り、寒くなってきました。親子ともにインフルエンザや風邪等には気をつけて下さいね。

子育て応援NPOフェスタ in 可児市 に参加しました!(11月26日)

11月26日(日)に可児市文化創造センターアーラにて、「子育て応援NPOフェスタ」が開催されました。当日は晴れて暖かくなり、外の芝生も気持ちいい日となりました。


このイベントにぎふ多胎ネットもブースを出展し、たくさんの親子さんが来て下さいました。

 

手作りおもちゃコーナーでは、牛乳パックとストローを使った竹とんぼを作ってもらいました。

 

できあがった竹とんぼに好きな絵を描いて完成☆

思いっきり回して、うまく飛んだら、みんなで拍手!


特に午前中は、待ってもらうお友達もいたほど大人気で、たくさんのみなさんに楽しく工作していただけたと思います♪

ブースのパネルには、ぎふ多胎ネットの活動紹介やふたごの写真などを掲示しました。

また、「ふたごのいる生活体験」として、ブースを訪れた方々に双子ベビーカーを押してもらったり、
1回のゴミの日に出るオムツの重さを体感してもらったりしました。

「ふたごって可愛い~」という声のほか、「小さく、早く産まれるんだね」「ベビーカー重い!大変だ~」「1ヶ月でこんなにたくさんミルクを飲むの?!」と、 いろいろな声が聞かれました。

中には、最近可児に転入された”始めまして”の双子ママや、お孫さんと一緒に来られた先輩双子ママ、
愛知県でがんばって育児している双子ママが来て下さり、たくさんの出会いがありました。企業や行政の方々、オレンジリボンライダーさんも、ブースをのぞいて行ってくださいました。

また、多胎ネットスタッフとその子ども達が募金活動を行いました。

会場の中をぐるりと回り、たくさんのご協力をいただきました。

本当にありがとうございました。

いただいた募金は多胎家庭の支援活動に使わせていただきます。

中学生のふれあい保育体験を行いました(11月23日)

ぎふ多胎ネット新企画「中学生保育体験」を実施しました。



中学生がふたごちゃんやその兄弟を二時間程託児をしました。

中学生1人に子ども1人のマンツーマン託児。多胎ネットとMama’sCafeのスタッフは、中学生が自分で考えて子どもたちの託児ができるように口も手もなるべく出さないように見守ります。

お母さんから離れ、ほとんどの子どもたちが最初は泣き出します。ただ、普段は一人ずつじっくり遊びに付き合ってもらうことは難しいふたごちゃんたち。中学生が自分だけに向き合ってもらっているのが伝わるのか予想よりかなり早く泣き止み、遊びに入れました。

泣いている子をひたすら抱っこして辛抱強くあやしたり、おしっこが漏れて、ジャージが濡れても気にせず遊んでくれたり、泣いている子を抱っこしている中学生が他の中学生と交代してみる試みをしてみるも、元の担当の中学生の服をギュッと掴む赤ちゃんに「わぁ!掴んでくれてる」と感激する場面、初めて小さい子とふれあった男子中学生は最初はとてもぎこちない接し方だったのが、最後は子どもの方から遊びに誘ってくれるまでになったり、いい場面がたくさん見られました。




各中学校の先生方も見学にいらっしゃいましたが「学校にいる時とはまた違ったとてもいい表情をしています」と仰ってみえました。

その間、ママたちは当時開催の子育て講座に参加したり、一人でゆっくりお茶を飲んだり買い物をしたり。「生まれてから初めて夫婦でモーニングしてきました!」というご夫婦も。それぞれの時間を楽しんだようでした。

同時開催の「林智子先生の子育てカフェ」では、中津川市子育て支援センターの林先生から遊びや生活の中で、子どもがどのように成長発達し、言葉が獲得されていくか、というお話でした。「へえー、そうだったのか」とママたちは熱心にメモしながら聞いていました。講座後の質疑応答では、ママたち一人ひとりの悩みに温かく答える先生とのやりとりで時間が足りないほどでした。

お迎えの時には、「うちの子は人見知りで」というママの心配をよそに、双子ちゃんたちはすっかり中学生に慣れて泣きやんで遊んでいたり眠ったりしていました。

遊んでもらった中学生にお別れのハイタッチをしに来てくれた双子ちゃんに感激して泣き出した中学生を見て、「そんなにうちの子を」とママも泣き出す場面もあり、涙涙のお別れの姿があちこちに見られました。

スタッフも感動の時間をもらえ、この事業は素晴らしい!と思った日でした。

『にこにこ子育て教室』in西濃を開催しました(11月24日)

お天気はいいけどひんやりとしたこの日、3回目の『にこにこ子育て教室in西濃』が行われました。

急に寒くなったせいか、風邪などで急遽お休みされたかたも多く、この日の参加は6組。

今回はちょっと静かな感じの会になるのかなぁ~と思いきや、思いがけないお客さまが…🎒

近くの小学生が授業で「町たんけん」ということで、お借りしていた安井地区センターの見学に来ていて、『にこにこ子育て教室』の様子も見学されました。

いっぺんにたくさんの赤ちゃんに会う機会なんてなかなかない小学生。

たくさんの赤ちゃんに「うわぁ~かわいい~」と興味津々🎶

「今日はふたごちゃん、みつごちゃんの集まる教室をしているの。この子とこの子がふたごだよ~」な~んて説明すると、赤ちゃんの顔を見比べ、「ほんと!そっくり~」と👶👶

 

急なことでスタッフもややビックリでしたが、これもまた面白い経験でした。

 

『にこにこ子育て教室』3回目は、毎回スタッフの自己紹介と、スタッフ自身のことやふたごの話をさせてもらっています。

スタッフの子どもが0歳~3歳くらいの頃のエピソードや、経験談、今のことなどなど。

ちょっとした話ですが、みなさんの今の育児に役立ててもらえたり、この先、こんな感じになるのかなぁ~とイメージをしていただけたり、スタッフ自身のことを聞くことでより身近に感じてもらえたらあぁ~と思っています。

 

最後はお楽しみの絵本。毎回同じ絵本を読んでいます。

毎回同じ絵本を読むことで、お子さんも次のページがどんな風になるのか覚えてくれて、一緒に体を動かしたり、「ぴよ~ん」🐸と飛んだり…楽しんでもらえてるかなぁ~な~んて思っています。

次回は12月1日。

みなさんが元気に参加してくださるのをスタッフ一同楽しみにしています(^_-)-☆

『にこにこ子育て教室』in西濃を開催しました(11月17日)

『にこにこ子育て教室』in 西濃、2回目。今回は11組のお友達とピンクTシャツのスタッフで元気にスタート。

 

お名前呼び、バスに乗って・・・

シーツブランコにも乗って・・・


ママたちがグループでお喋りの間はスタッフと遊んで。

最後は絵本に合わせて『ぴょーーーーん』上手にジャンプ出来ましたね。

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。今日は予防接種や体調も話題なりました。
次回は11月24日、元気にお会いするのを楽しみにしています。

 

プレパパママ教室 in東濃を開催しました(11月19日)

瑞浪市保健センターにて、ふたごちゃん・みつごちゃんプレパパママ教室東濃会場を開催しました。

上の子の用事にパパさんが付き添っていて参加できなかった方以外は、皆さんパパさんも参加してくださいました。ママの体のことや出産や育児について「知ろう」としてくれることが、まずは嬉しいです♪

今回はほとんどが1~2歳の上の子がいらっしゃる経産婦さんで、気になるのは、やはり産前産後の入院や産後の育児についてです。

ママグループでは、質問疑問がひっきりなしに出ていました。先輩ママのやり方を参考に自分なりにアレンジしてもらえたらと思います♪

パパグループでは、先輩パパが積極的に育児をしている話を聞き「反省しきり…自分も頑張ろう」と気持ちを新たにしたパパさんが多かったようです。

妊婦体験ジャケットもパパさんの体格とふたごということを考慮して、二つ重ねて身に付けてもらいました。しゃがんだり屈み込んだりの動作に「有り得ねぇ!」と、妊婦の大変さを実感してもらえました。

岐阜県立看護大の服部先生の「ふたごの出生は100お産に1人の確率。でも、この100分の1の数は、とても貴重で大切な1人」言葉の通り、多くの人に見守られながら大切にされ育っていくこと願います。

多胎の『プレパパママ教室』開催のお知らせ(東濃会場・11月19日)【再掲】

東濃会場の「プレパパママ教室 」が開催されます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○

喜びいっぱいの多胎妊娠、でも、情報が少なくて不安…。

多胎妊娠・出産・育児ではパパママだけでなく、おじちゃん、おばあちゃんも「情報が欲しい」「どんなサポートができるのか」「実際に多胎妊娠・出産・育児をした人の声が聞きたい」…という思いから、プレパパママと一緒にプレおじいちゃんおばあちゃんも一緒に参加されることがよくあります。

多胎先輩パパママが経験したからこそ伝えることのできるいろんな話を、プレパパママ、プレおじいちゃん・おばあちゃんにお伝えし、安心して出産・育児をしてもらえるようにサポートいたします。

また、一緒に参加されている他のプレパパママファミリーとも出会えるのも心強いかと思います。

これから迎える多胎出産・育児のために、ぜひぜひ参加していただきたいのがこの「プレパパママ教室」です。

身近に多胎妊婦さんがみえましたら、ぜひぜひこの「プレパパママ教室」をご紹介いただけたら…と思います。

参加費用は無料です。

日時:11月19日(日) 13:30~15:40

場所:瑞浪市保健センター(瑞浪市上平町1-1)

対象:ふたごちゃん・みつごちゃんを妊娠中のご夫婦、ご家族の方

内容:●ふたご・みつごの妊娠・出産について
(岐阜県立看護大学 服部律子先生、ひよこ助産所 吉良光代先生 他)
●入院生活と出産について
(地域の病院の助産師さん)
●ふたご・みつご子育て中の先輩パパママとの交流会

詳しくはチラシをご覧ください。

多胎のプレパパママ教室 チラシのPDF(表)・PDF(裏)

写真は以前に行われたプレパパママ教室の様子です(^_-)-☆

たじみ子育て楽市楽座のステージにて「ふたごコーデファッションショー」を開催しました(11月5日)

11/5(日)たじみ子育て楽市楽座(主催多治見市・NPO法人Mama’sCafe)のステージにて「ふたごコーデファッションショー」を開催しました♪

とてもよい天気に恵まれ、来場者も4500人を越える大にぎわいでした。

午前中はスタッフとその子どもで、育児教室継続開催のために募金活動を頑張りました!


多治見市市長はじめ市の議員さんにもご協力いただき、激励の言葉もいただきました。
ファッションショーには県内県外から参加がありました。ふたごちゃん、姉妹、従兄、お友だちなどなど色々な組み合わせで登場。会場からは「かわいい!」という声がたくさんかかっていました。

今年は審査の間、脇之島児童センターの一輪車クラブのみなさんのダンスを披露してもらいました。

ふたごコーデ出場者の娘ちゃんから「あれ、私もやりたい!」と憧れの声もあがっていました。

本当にみなさんおしゃれでかわいらしく、受賞者を決めるのには大変悩まれていました。

今回は審査委員長にアンファッションカレッジの安藤校長先生、審査員として多治見工業高校様、トヨタ自動車販売様、東濃信用金庫様、コープぎふ様、ヤングビーナス様、楽市楽座出店者代表POLA様、JAMBA(日本多胎支援協会)様の皆様に審査していただきました。

表彰式では入賞者のみなさまに、とっても温かい一言を添えて賞品を渡していただきました。