NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
「当事者から学ぶ専門職向けの多胎家庭白書」

「多胎家庭白書2」が出来上がりました。

いよいよ全国の官公庁や大学、周産期センターに発送です。その数900。

春休みということもあってサポーターさんの子どもたちも入れ替わり立ち替わりお手伝いしてくれ、早朝からの作業も日が暮れる頃、ようやく終わりました。
お手伝いしてくれたみんな、ありがとう!

『多胎家庭白書2』が完成しました!

『多胎家庭白書2』が完成しました!

 

《目次》

発刊にあたって

特定非営利活動法人ぎふ多胎ネット理事長 糸井川誠子

調査概要

第1章 多胎家庭の特徴

第1節 母親編

1.妊娠期

2.出産

3.母親の里帰り

4.育児期

5.外出

6.日々の中で感じていること

7.考察

第2節 家族編

1.妊娠期~出産

2.育児期

3.日々の中で感じていること

4.考察

第2章 それぞれの立場で必要とされている支援

第1節 病院

考察

第2節 行政・保健センター

1.情報の入手先と内容

2.妊婦健診について

3.乳幼児健診について

4.多胎育児に関する社会的支援について

5.考察

 

赤ちゃん訪問から見える風景

~変化していく医療と変わる支援のかたち~

第3節 子育て支援センター・児童センター

1.利用状況

2.考察

『白書2』発刊に寄せて

岐阜県立看護大学 服部律子(育成期看護学領域)

名古屋学院大学 越智祐子(社会学)

岐阜聖徳学院大学 松葉敬文(経済情報学)

編集後記

 

 

中身はこんな感じになっています。

 

好評をいただき、たくさんの方々に読んでいただいている『ぎふ多胎家庭白書1』に続いて『多胎家庭白書2』が完成しました。
これは、多胎家庭290人のアンケートを基に多胎ママやパパ、おじいちゃんおばあちゃんなどが妊娠期から育児期にどのような状況になるのかをまとめ、病院・保健センター・子育て支援センターなど多胎家庭が関わる機関でどのような支援が求められているのかをまとめたものです。
地域での多胎家庭への支援や政策提言にお役立てください。

1冊500円(送料別)でお分けします。
お申し込みはぎふ多胎ネット事務局まで。gifu.tatainet@gmail.com

 

『多胎家庭白書2』報告会&事業報告会がありました(3月8日)

朝、窓をあけると3月とは思えない雪景色にビックリした3月8日、岐阜県立看護大学にて『多胎家庭白書2』報告会及び事業報告会がありました。

今回の報告会にはぎふ多胎ネットのコーディネーター、サポーターの他、行政の方、支援センターの方、助産師さんと、専門職の方にも多くご参加いただきました。

県内だけでなく、浜松からのご参加も~嬉しいかぎりです!

 

まずは、白書2&事業報告会の前にご参加くださったみなさまに理事長から、住友生命子育て支援事業 第10回「未来を強くする子育てプロジェクト」スミセイ未来賞の受賞の報告がありました。

 

続いて『多胎家庭白書2』の報告会

今回の『多胎家庭白書2』は、専門職向けの白書で、ふたご・みつご家庭290人の声(アンケート)から分析し、医療・保健・福祉の現場で望まれる支援がまとめられたものです。

白書に書かれていることは、ふたご・みつごを育てた親、祖父母当事者の生の声であり、参加してくださった専門職の方々にもその声をしっかりと届けられたと思っています。

 

次に事業報告会。

ぎふ多胎ネットが行っている支援サービスについて、今年度の実績と実施報告をさせていただきました。

 

私たちぎふ多胎ネットのコーディネーター、サポーターは自分の多胎妊娠・出産・育児の経験を活かし、これから多胎出産・育児を迎える多胎家庭をサポートしてまいりました。

しかし、私たちにできることには限界があります。

ですから医療・行政・地域保健・福祉・教育・保育などの分野の人たちと連携しながら地域ネットワークで支援していくことが必要です。

ぎふ多胎ネットはこれからも関係機関と連携し、多胎家庭の笑顔をみんなで支えていけるよう活動を続けていきます。

 

★今回の『多胎家庭白書2』と、昨年発行しました『ぎふ多胎家庭白書1』は1冊500円で販売しています。ご希望の方はぎふ多胎ネットまでお問い合わせくださ(ホームページの「お問い合わせ」からお願いします)。

 

 

第11回白書会議が行われました(3月1日)

3月1日水曜日10時から多治見市福祉センターにて、3月8日の『多胎家庭白書2』報告会に向けてリハーサルがありました。


白書プロジェクトメンバーそれぞれが書いてきた発表原稿を手に緊張の面持ちで発表しました。
「子の」が「此の」に勘違いされる等、書き言葉と話し言葉の印象の違いをチェックしたり、声の出し方をチェックしたり、白書の内容がしっかり伝わるにはどうしたら良いか検討を重ねました。
3月8日10時から岐阜県立看護大学で報告会があります。1年かかって作ってきた白書2をようやくお届けできます。
お楽しみに!

 

第10回白書会議が行われました(2月8日)

2月8日、とうしん学びの丘エールにて、第10回白書会議が行われました。

表紙の帯の言葉選択では、スタッフ1人1人が考えに考え出した、思いのこもった言葉10個から、それぞれ良いところ、伝えたいところを抜き出し、専門職の方々が手にとって読んで下さるインパクトのある文を作りました。

グループワークでは原稿チェック、発表分担決め、発表スライド作成、発表原稿作成と、もくもくとグループで考え話し合いました。
白書2もあと少し!専門職の方々に、多胎について理解を深めて頂くために頑張っています。

第9回白書会議が行われました(1月18日)

1月18日、多治見市福祉センターにて、第9回白書会議が行われました。週末の雪景色とはうってかわり、日差しが暖かい日に1日会議室で過ごしました

始めに、糸井川代表から年頭のあいさつで、「あなたは今、幸せですか?」という質問!
それに対して出席したメンバーは全員「幸せ」と答えました。
でも、少しまえの双子育児がとても大変な頃はそう思えていなかったかもしれない。と、語りました。
そんなメンバーが今、幸せだと思えないくらい大変な思いをしている多胎家庭の方の力になりたいと、白書2の完成に向けて頑張っています

今回の内容は、各分野を担当した人がゲラを読み、全員で文章、グラフの訂正をしていきました。
夜中のパソコン作業だったため、おかしな文章になっていたりと、途中笑いが起こる場面もありました(笑)
白書2が完成に近づいてきています
たくさんの専門職の方々に読んでいただけますように

第8回白書会議が行われました(12月14日)

今日の白書会議は名古屋学院大学の越智先生をアドバイザーにお招きして行いました。

第8回白書会議(12月14日)

今年度の白書2(仮称)は、医療関係(産院や総合病院など)、行政関係(保健センター、子育て支援センターなど)といった専門職の向けのものになります。アンケート結果が「見てわかるデータ」として示せるように、考察のしかたやデータの活用方法や組み合わせを練り上げ、あっという間に午前中が終わりました。

第8回白書会議(12月14日)

各メンバーが新たな宿題を持ち帰り、完成に向けて更に邁進します!

第7回白書会議が行われました(12月7日)

こんにちは。ぎふ多胎ネットです。

もうすぐクリスマス☆ 1年あっという間ですね。

12月7日、 第7回白書会議を行いました。今日は 前回割り振った アンケートのパートから 数を洗いだしグラフにしてくるという 宿題発表から始めました。

第7回白書会議(12月7日)

みんな本格的なグラフを作ってきて びっくり!!

中にはパートナーの素晴らしいサポートで 立派なものもありました。さすがパパですね。

第7回白書会議(12月7日)

全部の項目をグラフ化し →仕分け→白書2で伝えたいメッセージを決めました。

みんなの熱意 が届く良い白書にしたいなぁ(o^∀^o)

第7回白書会議(12月7日)

 

第6回白書会議が行われました(11月9日)

11月9日、東京では木枯らし1号が吹いたそうですね。そんな寒~い今日、多治見市福祉センターにて第6回白書会議を行いました。

第6回白書会議

今日までの宿題がありました。
なぜ、多胎育児は大変だったのか?
という視点であげられた8つの要素(妊娠中の辛さや不安、遮断された状況で機械のような毎日、できていない感と自己嫌悪など)に関連する内容の記述を、アンケート記述データから拾い出してくることです。
今日はそのようにチェックしてきた記述を元に、それぞれの要素に関連する原因や背景をグループ毎に話し合い、なぜそうなってしまうのか仮説を立てました。
そして、その仮説をアンケートのどの項目を分析すれば証明できるのかを考えながら、アンケート項目と照らし合わせていきました。

 

第6回白書会議

最後に、今後どのようにまとめていくかを話し合い、3時間半に渡る白書会議は終了です。
終わる頃にはもう足先が冷えひえでした。次回はブランケットとカイロを持参した方がよさそうです!

今日の作業を引き続き行いながら、アンケート項目のデータを1番分かりやすく表すためにはどんなグラフがよいか、を考えてくるという新たな宿題も出ました。
アンケートのデータが仕上がってくる11月末から次回の白書会議までの1週間が、かなり大変な作業になりそうです
今回の白書で伝えたいことは何か・・?
が、だんだんと見えてくると思います

第5回白書会議が行われました(10月5日)

10月5日、多治見市福祉センターにて第5回白書会議が行われました。

この日は台風の影響で幼稚園や学校が早帰りというところもあり、集まったメンバーは少なめ(+_+)

しかし、とても内容の濃い会議が行われました。

 

白書2はぜひ専門職の方々に多胎家庭の現状や思いを知ってほしいという私たちの思いが込められたものにしたい!ということから、白書1のように時系列(辛かった時期、大変だった時期はいつ?)ではなく、『なぜ辛かったのか、なぜ大変だったのか』の【なぜ】という視点で考える作業をしました。

多胎育児ならではのいろんなことがたくさんあがってきました。

これらのことを、多胎育児中(育児経験のある)パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんに協力していただいているアンケートより分析し、今後まとめていく作業をしていく予定です。

正直言ってホント大変な作業となりそうです。

でも、多胎育児についてみなさんに伝えたいこと、知ってもらいたいことがいっぱいなので、完成に向けて頑張り続けます!!!

第5回白書会議