NPO法人 ぎふ多胎ネット

ぎふ多胎ネットは、双子ちゃん・みつごちゃんの育児を応援しています。

TEL.0572-24-2322

岐阜県多治見市  

E-mail gifu.tatainet@gmail.com
とうしん「プロボノプロジェクト」

「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会(2月13日)

2月13日(土)に、「とうしんプロボノプロジェクト2015」成果報告会が、多治見市の「とうしん学びの丘エール」にて開催されました。
当日は、このプロジェクトに参加しているNPO法人曽木まちづくり協会さんと、私たちぎふ多胎ネットの各関係者や東信職員の方々、また行政の方々など、約60人が集まりました。
8月から半年間、東濃信用金庫の職員の皆さまと一緒にミーティングを重ねてきた結果を発表しました。

「とうしんプロボノプロジェクト」成果報告会(2月13日)

「とうしんプロボノプロジェクト」成果報告会(2月13日)

「とうしんプロボノプロジェクト」成果報告会(2月13日)
まず、ぎふ多胎ネットの活動を紹介し、なぜこのプロボノプロジェクトに参加したかをお話したあと、私たちの活動を貨幣価値に換算するという「SROI測定」の結果が出ました。
アンケートやヒアリングなどを行い算出した結果は、
なんと!5000万円ちかい金額となりました!
今回は私たちの活動のうち「にこにこ子育て教室」だけを対象とし、一年間の教室の貨幣価値化をおこなったものです。
出てきた金額に一同ビックリでした。

また、課題解決チームで取り組んできた成果も発表されました。
大きな課題の、①活動周知②今年度末発行の「多胎家庭白書」の有効活用③資金集めのうち、今回は「資金集め」の絞って発表がありました。
支援してくれる企業や個人を増やす、ホームページなどへ広告を載せる、今回SROI測定で出た結果を行政との協働につなげる、などいろいろな案が提示されました。

今回のプロボノプロジェクトで、東信の皆さまにぎふ多胎ネットをたくさん知ってもらえ、「ほんとにいい活動をされていますね!」といった嬉しい声をいただきました。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
今回のプロボノの結果を、今後に活用していきたいと思います!

 

 

第5回「とうしんプロボノプロジェクト2015」会議(12月9日)

12/9(水)19:00~21:00
「とうしんプロボノプロジェクト」第五回ミーティングでした。

そうしんプロボノプロジェクト(12月9日)

とうしんプロボノプロジェクト(12月9日)
SROIチームでは、前回出した換算基準に基づいて、実際に貨幣価値に換算したものを見ながら、アンケートの質問項目ごとに検証していきました。
段々形が見えてきましたが、正直、出てきた数字にびっくりしました。
来月はもう発表のリハーサルに入ります。楽しみです♪

とうしんプロボノプロジェクト(12月9日)

 

 
課題解決チームでは、前回提案された解決法についてチーム内で話し合い、
具体的な解決に結びつくよう整理しました。
毎回東信の皆さまからいろいろな意見をいただきますが、
外から見ると私たちってこんな団体なんだ、ということを知ることができ、
プロボノプロジェクトに参加できて良かったと思います。

 

とうしんプロボノプロジェクト(12月9日)

 

 

とうしんプロボノプロジェクト(12月9日)

 

 

第4回「とうしんプロボノプロジェクト2015」会議(11月18日)

11/18夜は、第4回「とうしんプロボノプロジェクト2015」会議でした。

SROI測定チームでは、ふたごちゃんやみつごちゃんのパパ、ママや祖父母・スタッフやその配偶者や子ども対象に実施したアンケートに基づき、どのように貨幣価値に換算していくのかを1つずつ検討していきました。お金を払ったとしたら?ということなのですが、例えば、育児教室に参加して…「あたのストレスへの影響について」の変化を「趣味の教室に通ったのと比べて」という感じです。見合うものイメージしやすいものを見つけるのはなかなか大変でした。

次回は実際に算出に入っていきます。どのような形になっていくのか楽しみです!

プロボノ(11月18日)

 

課題解決チームでは、前回出された4つの大きな課題について、メンバーそれぞれが
解決法を提案しました。
東信の若い職員さんならではの発想などもあり、たくさんの新しい気づきがありました。

次回までに整理して、実行に移せるような方法をまとめていく予定です。

プロボノ

 

 

「とうしんプロボノプロジェクト」進行中!

ぎふ多胎ネットでは、東濃信用金庫の職員さんと一緒に、NPO法人が抱える課題解決に向けた「プロボノプロジェクト」を行っています。
8月より毎月1回集まって、「課題解決チーム」「SROIチームに分かれて活動しています。

 
※SROI:社会的活動を行う組織の成果・業績を貨幣価値に換算して定量的に示す指標

 
「課題解決チーム」では、10月の3回目までに、現在のぎふ多胎ネットの活動内容の確認、具体的な課題の洗い出しをおこない、それに対して東信の職員の皆さまから専門的なスキルや知識をもとに、さまざまな提案がありました。
次回も、東海ろうきんの助成で発行する「多胎白書」の活用などについて話し合う予定です。

 
「SROIチーム」では、測定対象事業を「多胎育児教室」に絞り、SROI測定のためのアンケートの対象者(利害関係者=ステークホルダー)を設定し、アンケート内容を検討中です。
アンケート実施と並行して、チームの東信職員さんによる、育児教室参加者家族へのヒアリングも17日に行われました。
今後はアンケート結果から、いよいよ算出に入っていく予定です。

 

 

なお、この「プロボノプロジェクトに関しては、今後ホームページで随時報告させていただきます。

とうしんプロボノプロジェクト

とうしんプロボノプロジェクト